高橋健二 (ドイツ文学者)

日本のドイツ文学者、翻訳家 (1902-1998)

高橋 健二(たかはし けんじ、1902年9月18日 - 1998年3月2日)は、日本ドイツ文学者中央大学名誉教授。ヘルマン・ヘッセエーリッヒ・ケストナー作品の翻訳者として知られる。

高橋健二
誕生 (1902-09-18) 1902年9月18日
大日本帝国の旗 大日本帝国
東京市京橋区
死没 (1998-03-02) 1998年3月2日(95歳没)
職業 翻訳家、文筆家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 文学博士
中央大学名誉教授
最終学歴 東京大学
ジャンル ドイツ文学
代表作 『ケストナー少年文学全集』
『グリム兄弟』
主な受賞歴 読売文学賞
産経児童出版文化賞
芸術選奨文部大臣賞
日本芸術院賞
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

人物編集

東京・京橋生まれ。第一高等学校在籍時代は尾崎秀実と親しかった。1925年東京帝国大学ドイツ文学科を卒業、成蹊高等学校のドイツ語教師となる。1931年ドイツに留学し、スイスでヘルマン・ヘッセに会った。ヘッセやエーリッヒ・ケストナーの翻訳・紹介につとめたほか、ゲーテグリム兄弟ハンス・カロッサなどドイツ文学に関する著書・翻訳多数。

大日本帝国ナチスドイツ1936年日独防共協定1937年(昭和12年)に日独伊防共協定1940年日独伊三国同盟を締結し、枢軸国を形成していくなか、高橋は大政翼賛会宣伝部長に就任し、1942年に『文学と文化 評論と随筆』、 1943年に日独文化協会からヘルマン・シエーファー共編『大独逸に関する優良日本図書短評付撰集 第1』、『戦争生活と文化』(大政翼賛会宣伝部) 、1945年には 『美しい日本への道 反省と発足』(大日本飛行協会)などを刊行し、ナチ文学紹介も行った。このような高橋の戦争協力については高田里惠子[1]関楠生らによって秋山六郎兵衛石中象治などとともに近年研究されている[2]

1951年中央大学講師、翌年教授となり、1958年ドイツ文学紹介の業績で読売文学賞、1961年『ヘッセ研究』で東京大学文学博士。1963年『ケストナー少年文学全集』により産経児童出版文化賞受賞、1968年『グリム兄弟』で芸術選奨文部大臣賞受賞、1969年日本芸術院賞受賞[3]、1973年日本芸術院会員、中央大学を定年退職して名誉教授。1977年から1981年まで第8代日本ペンクラブ会長。1985年文化功労者

生前テレビ朝日の『徹子の部屋』に出演し、黒柳徹子から戦争中のことを聞かれた際には、「あの時代は、あんな風でしたから、何もできませんでしたよ」と、曖昧に答え大政翼賛会文化部長の経歴などへの言及を避けた[要出典]

著書編集

  • 『シルレル(世界文学大綱)』東方出版 1926年
  • 杉本良吉共著『現代演劇論』天人社 1930年
  • ハイネ』三省堂 1931年
  • 『現代ドイツ文学論』河出書房 1940年
  • 『ドイツ作家論』筑摩書房 1941年
  • 『文学と文化 評論と随筆』鮎書房 1942年
  • ヘルマン・シエーファー共編『大独逸に関する優良日本図書短評付撰集 第1』日独文化協会 1943年
  • 『戦争生活と文化』大政翼賛会宣伝部 1943年
  • 『美しい日本への道 反省と発足』大日本飛行協会 1945年
  • 『ゲーテと女性』都文堂書店 1948年
  • 『ゲーテ』新潮社・生ける思想叢書 1948年
  • 『基礎ドイツ語』大学書林 1948年
  • 『ヘッセとゲーテ』青磁社 1949年
  • 『ゲーテの文学』実業之日本社 1951年
  • 『世界文学教室』ポプラ社 1953年
  • 『ドイツ文学散歩』新潮社 1954年
  • 『ヘッセ研究 ヘルマン・ヘッセ全集別巻』新潮社 1957年
  • 『世界文学入門』ポプラ社 1965年
  • 『善意への郷愁 もっと光を』華書房(ハナ・ブックス) 1966年
  • 『グリム兄弟』新潮選書 1968年、新潮文庫 2000年
  • 『文芸論』小峰書店 1969年
  • 『人生論断章』中央大学出版部 1970年
  • 『作家の生き方 シュトルム カロッサ ケストナーの場合』読売新聞社 1972年
  • 『シュピーリの生涯』彌生書房 1972年
  • 『若いゲーテ 評伝』河出書房新社 1973年
  • 『ヘルマン・ヘッセ 危機の詩人』新潮選書 1974年
  • 『ヴァイマルのゲーテ』河出書房新社 1975年
  • 『さまざまの出会い』木耳社 1976年
  • 『ゲーテをめぐる女性たち』主婦の友社(Tomo選書) 1977年
  • 『ヘッセー思い出の詩人画家』主婦の友社(Tomo選書) 1977年
  • 『万華鏡 師と友と作家との出合い』主婦の友社(Tomo選書) 1978年
  • 『ケストナーの生涯 ドレースデンの抵抗作家』駸々堂出版 1981年、福武文庫 1992年
  • 『続・さまざまの出会い』木耳社 1983年
  • 『ヨーロッパ詩とメルヒェンの旅』小学館 1983年
  • 『PEN随想 ペンクラブ激動の半世紀』東京書籍 1984年
  • 『グリム兄弟物語』偕成社 1984年
  • 『グリム兄弟・童話と生涯』小学館 1984年
  • 『グリム兄弟 童話をよみがえらせた』講談社火の鳥伝記文庫 1984年
  • 『グリム兄弟とアンデルセン』東京書籍(東書選書) 1987年、講談社学術文庫 2022年
  • 『現代作家の回想』小学館 1988年
  • 『ゲーテ相愛の詩人 マリアンネ』岩波書店 1990年
  • 『人間の生き方 ゲーテ ヘッセ ケストナーと共に』郁文堂 1990年

翻訳編集

  • 『カロッサ全集 第1 ドクトル・ビュルゲルの運命』建設社 1935年 のち新潮文庫
  • 『カロッサ全集 第5 ルーマニア日記』建設社 1936年 のち岩波文庫
  • ケストナー「点子ちゃんとアントン」山本有三編『世界名作選』新潮社、1936年 のち岩波少年文庫
  • トーマス・マンブッデンブローク一家』河出書房 1938年
  • シラー『美的教育論』安倍能成共訳 岩波書店 1938年
  • ヘッセ『車輪の下』岩波文庫 1938年 のち新潮文庫
  • ヘッセ『デミアン』岩波文庫 1939年 のち新潮文庫
  • ヘッセ『春の嵐』新潮社 1939年 のち新潮文庫
  • ヴィルヘルム・ハウフ『隊商』岩波文庫 1940年
  • ヘッセ『放浪と懐郷』新潮社 1940年
  • エルンスト・ヴイーヒエルト『ドスコチルの女中』中央公論社(現代世界文学叢書) 1940年 のち角川文庫『愛すればこそ』
  • ビンディング『犠牲』国松孝二共訳 河出書房 1941年
  • ヤーコプ・ザール『ヒトラー・ユーゲント』新潮社 1941年
  • ヤコープ・ザール『ナチス運動史』アルス(ナチス叢書) 1941年
  • ヘッセ『世界文学をどう読むか』三笠書房 1941年 のち新潮文庫
  • ゲーテ『ヘルマンとドロテーア』改造社(改造文庫) 1942年
  • ハウスマン『青春よ、さらば』改造社 1942年
  • 『子供部屋 ドイツ現代短篇傑作集』生活社 1943年
  • 『ゲーテ格言集』新潮社 1943年 のち文庫
  • ウイリ・ディッスマン『消えたズボン ドイツ少年團物語』三學書房 1943年
  • ラヨシユ・ヂラヒ『瀕死の春』新潮社 1946年 のち新潮文庫
  • ゲーテ『若きヴェルテルの悩み』郁文堂 1947年
  • 『ハイネ詩集』蒼樹社 1948年
  • ハインリヒ・ハイネ『帰郷』文体社 1948年
  • ゲーテ『ウルファウスト』郁文堂書店 1948年
  • 『ゲーテ名作集 1-5』郁文堂書店 1948年-1949年
  • 『ゲーテ詩集』新潮社 1948年 のち文庫
  • クライスト『こわれたかめ』青磁社 1948年
  • ツヴァイク『ある女の二十四時間』蒼樹社 1949年 のち新潮文庫
  • 『ゲーテ恋愛詩集』郁文堂書店 1949年
  • ハウフ『幽霊船』中央公論社 1950年
  • ケストナー『エーミールと軽わざ師』新潮社 1950年
    • のち『エーミールと三人のふたご』 岩波書店「ケストナー少年文学全集 2」
  • ケストナー『ふたりのロッテ』岩波少年文庫 1950年
  • ヘッセ『青春は美し』人文書院 1950年 のち新潮文庫
  • ヘッセ『乾草の月』人文書院 1950年 のち新潮文庫
  • 『ヘッセ詩集』新潮社 1950年 のち文庫
  • シュトルム『告白』郁文堂 1950年 のち角川文庫
  • ヘッセ『知と愛』人文書院 1951年
  • ゲェテ『ファウスト』河出書房 1951年
  • ハイゼ『帰らぬ子・トレヴィゾーの処女・最後の人馬』郁文堂出版 1951年
  • 『空想男爵のぼうけん ミュンヒハウゼン』牧書店 1951年
  • 『ゲーテ作品集 第1-7巻』創元社 1951年
  • ヘッセ『婚約 「小さい世界」より』人文書院 1952年 のち新潮文庫
  • シュニッツラー『輪舞』新潮文庫 1952年
  • シュニッツラー『花束・ギリシァの踊子』相良守峯共訳 新潮文庫 1952年
  • ヘッセ『メルヒェン』人文書院 1952年 のち新潮文庫
  • 『ハウフどうわ』あかね書房 1952年
  • フェリックス・ザルテン『バンビ 森の生活の物語』岩波少年文庫 1952年
  • ハウフ『こうの鳥になった王さま』あかね書房 1952年
  • ケストナー『五月三十五日』中央公論社 1953年
  • ヘッセ『放浪』人文書院 1953年
  • ツヴァイク『哀愁のモンテカルロ』新潮社 1953年
  • シュニッツラー『女の一生(テレーゼ)』新潮文庫 1953年
  • W.ベール、H.ベール共編『ドイツ戦歿学生の手紙』新潮社 1953年 のち岩波新書
  • 『ゲーテ選集 全8巻』創元社 1953年
  • ヘッセ『郷愁 ペーター・カーメンチント』河出新書 1955年 のち新潮文庫
  • シラー『素朴文学と情感文学について』岩波文庫 1955年
  • ヘッセ『旋風』新潮文庫 1955年
  • ハウスマン『愛は許しによつて』新潮社 1955年
  • ヘッセ『聖者と甘いパン』人文書院 1955年
  • ハラルト・ブラウン『新しい鐘』河出新書 1955年
  • ヘッセ『夢のあと』人文書院 1955年
  • ヘッセ『若き人々へ』人文書院 1956年
  • カロッサ『若い医者の日』養徳社 1956年
  • 『ヘルマン・ヘッセ全集 全14巻』新潮社 1957年-1958年 新版『ヘッセ全集 全10巻』同 1983年
  • ボンゼルスみつばちマーヤのぼうけん』宝文館 1958年
  • ケストナー『わたしが子どもだったころ』みすず書房 1958年
  • ヘッセ『内面への道 シッダールタ』新潮文庫 1959年
  • ヘッセ『湖畔のアトリエ』新潮文庫 1959年
  • 『笛の夢 ヘルマン・ヘッセ童話集』みすず書房 1959年
  • ケストナー『空想男爵の冒険』みすず書房 1960年
  • ケストナー『飛ぶ教室』東京創元社 1960年
  • ヨハンナ・スピリ『天使の歌』あかね書房 1960年
  • スピリ『アルプスの少女』小学館 1961年
  • ティスナ・ラスト『バリ島の冒険』あかね書房 1961年
  • 『ケストナー少年文学全集 全8巻』岩波書店 1962
  • H.W.ベーア編『人間の声 第二次世界大戦戦歿者の手紙と手記』河出書房新社 1962年
  • ケストナー『ベルリン最後の日 1945年を忘れるな』新潮社 1962年
  • J.グラビアンスキー編『世界動物童話集』講談社 1963年
  • H・M・デンネボルク『ヤンと野生の馬』あかね書房 1965年 のち福武文庫
  • デンネボルク『小さなロバのグリゼラ』あかね書房 1966年 のち福武文庫
  • デンネボルク『雄ねこカスパー』あかね書房 1967年
  • ケストナー『サーカスの小人とおじょうさん』講談社 1969年
  • デンネボルク『野生の馬バルタザル』あかね書房 1970年
  • デンネボルク『たからは天から落ちてはこない』あかね書房 1970年
  • ギーナ・ルック=パウケート『さすらいの少年』講談社 1971年
  • シュピッテラー「イマーゴ」『ノーベル文学賞全集』主婦の友社、1972年
  • ヘッセ『幸福論』新潮文庫 1977年[4]
  • ケストナー『子どもと子どもの本のために』岩波書店 1977年 のち岩波同時代ライブラリー
  • ヘッセ『ヘッセからあなたへ メルヒェンと詩と水彩画』主婦の友社 1978年
  • アンデルセン童話全集』全5巻 小学館 1980年
    • 文庫判『完訳アンデルセン童話集』全8巻 小学館 1986年、のち新版
  • アンデルセン『わたしの少年のころ』実業之日本社 1981年
    • 『ぼくのものがたり アンデルセン自伝』講談社 2005年
  • 『家庭薬局 ケストナー博士の叙情詩』かど創房 1983年
  • 『完訳グリム童話集』全5巻 小学館 1985年 のち同文庫判
  • 『ケストナーの終戦日記』駸々堂出版 1985年 のち福武文庫

編纂編集

  • 『教養小説名作選』集英社文庫 1979年
  • 『話題が豊かになる本 知的なふれあい』光文書院 1980年

記念論集編集

  • 『ヘッセへの道 高橋健二古稀記念論文集』新潮社 1973年

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『文学部をめぐる病い 教養主義・ナチス・旧制高校』松籟社 2001、ちくま文庫 2006
  2. ^ 『ドイツ文学者の蹉跌―ナチスの波にさらわれた教養人』中央公論新社2007
  3. ^ 『朝日新聞』1969年4月9日(東京本社発行)朝刊、14頁。
  4. ^ この翻訳については、国松孝二によるエッセイがある。『日本読書新聞』1957年5月6日、再掲:国松孝二『浮塵抄』(同学社, 1988年)、190-192頁