メインメニューを開く

高橋 則夫(たかはし のりお、1951年 - )は、日本法学者早稲田大学 法学学術院、大学院法務研究科教授。専門は刑法西原春夫門下。日本刑法学会理事。日本被害者学会理事長。東京都出身。

来歴編集

1970年都立日比谷高校1975年早稲田大学法学部卒業。同大学大学院法学研究科修士課程・博士課程修了後、東洋大学法学部専任講師、助教授、教授を経て、現在、早稲田大学 大学院法務研究科・法学部教授。なお、1990年法学博士(早稲田大学)(学位論文「共犯体系と共犯理論」)。

研究テーマ編集

  • 犯罪論の基礎理論・修復的司法

在外研究等編集

  • マックス・プランク外国・国際刑法研究所(ドイツ・フライブルク)留学

著書編集

  • 『共犯体系と共犯理論』(成文堂、1988年)
  • 『正当化と免責』(翻訳)(成文堂、1992年)
  • 『犯罪被害者と刑事司法』(共編訳)(成文堂、1995年)
  • 『犯罪被害者の研究』(共編著)(成文堂、1996年)
  • 『刑法における損害回復の思想』(成文堂、1997年)
  • 『ゼミナール刑事政策』(共著)(法学書院、1997年)
  • 『少年非行と法』(共著)(成文堂、2001年)
  • 『わかりやすい犯罪被害者保護制度』(共著)(有斐閣、2001年)
  • 『ドイツの組織犯罪』(共訳)(成文堂、2002年)
  • 『犯罪被害の回復』(共訳)(成文堂、2002年)
  • 『修復的司法の探求』(成文堂、2003年)
  • 『いちばんやさしい刑事法入門』(共著)(有斐閣、2003年)
  • 『修復的司法とは何か:応報から関係修復へ』(共訳)(新泉社、2003年)
  • 『導入対話による刑法講義(総論)』(不磨書房、2003年)
  • 『少年非行を見る目に確かさを』 (成文堂、2003年)
  • 『ブリッジブック先端法学入門』(共編著)(信山社、2003年)
  • 『法科大学院テキスト 刑法総論 第2版』(共著)(日本評論社、2007年、初版2005年)
  • 『規範論と刑法解釈論』(成文堂、2007年)
  • 『刑法総論』(成文堂、2010年)
  • 『刑法各論』(成文堂、2011年)
  • 『刑法総論 第2版』(成文堂、2013年)
  • 『刑法各論 第2版』(成文堂、2014年)

所属学会編集

  • 日本刑法学会(理事 、国内)
  • 日本犯罪社会学会(理事、国内)
  • 日本被害者学会(理事長、国内)
  • 日米法学会(国内)
  • 日本医事法学会(国内)

門下生編集

外部リンク編集