メインメニューを開く

高橋 厚子(たかはし あつこ、1949年11月[1] - )は、日本の元女優。本名同じ[1]

たかはし あつこ
高橋 厚子
本名 高橋 厚子
生年月日 1949年11月
出生地 日本の旗 日本東京都
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
主な作品
テレビドラマ
アテンションプリーズ
テンプレートを表示

東京都出身[1]宝仙学園高等学校卒業。

人物編集

1964年劇団ひまわりに入団[1]

1966年、東宝芸能学校に入り、第6期オール東宝ニュータレントとして東宝と契約[1][2]。同期には、小林夕岐子宮内恵子ひし美ゆり子らがいる。

東宝入社後は、『あこがれ』(1966年)でデビュー後、『伊豆の踊子』(1967年) 、『育ちざかり』(1967年) などの映画に出演[1][2]

1969年、『育ちざかり』で内藤洋子の友人、『日本一の断絶男』でなべおさみの相手役を演じて川崎市民映画コンクールで新人賞を受賞する[2]。1970年の紹介記事では川崎市民映画コンクールで受賞したことについて「嬉しくて励みになる」と語る一方で、「正直に言えば活躍不足だったので、今年は映画で主役を演じたい」と述べている[2]

1970年テレビドラマアテンションプリーズ』で、紀比呂子演じる主人公の同期生・広村綾子役でレギュラー出演。当時の紹介記事の中で東宝では、内藤洋子・酒井和歌子に続いて売り出す方針としていた[1]

趣味は、スケート編み物[1]。目標とする女優として、浅丘ルリ子大空眞弓を挙げている[1]

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i 『福島民報』1970年8月9日付朝刊、9面。
  2. ^ a b c d 『福島民報』1970年1月14日付朝刊、8面。

外部リンク編集