メインメニューを開く

高橋 揆一郎(たかはし きいちろう、1928年4月10日 - 2007年1月31日)は、北海道出身の日本の小説家。本名、良雄(よしお)。歌志内市名誉市民[1]

高橋 揆一郎
誕生 高橋 良雄
1928年4月10日
北海道歌志内市
死没 (2007-01-31) 2007年1月31日(78歳没)
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 北海道第一師範学校中退
活動期間 1973年 - 2006年
文学活動 炭鉱文学
代表作 『観音力疾』
『伸予』
『友子』
主な受賞歴 文學界新人賞(1973年)
北海道新聞文学賞(1977年)
芥川賞(1978年)
札幌市民芸術賞(1978年)
北海道文化賞(1991年)
新田次郎文学賞(1992年)
デビュー作 『ぽぷらと軍神』(1973年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

来歴編集

歌志内市上唄の炭鉱長屋で生まれる[2]。歌志内小学校卒業後、北海道庁の給仕をしながら、庁職員養成を目標とした札幌市の私立昭和中学校(夜間・廃校)を卒業[3]

卒業後、母校の歌志内小学校で代用教員を2年間勤め退職、北海道第一師範学校(現・北海道教育大学札幌校)に進学するも中退し、住友石炭鉱業上歌志内砿に入社[1][2]。1970年に退社した後、時事漫画を中心としたイラストレーターの傍ら「くりま」で小説の同人活動を続け、1971年「3年間だけ小説を書かせてくれ」と妻に頼み込み、執筆活動に集中[2]。『仮寓の半生』を「炭労文学」に、『すかんぽ』を北海道新聞文学賞に投稿[4]

1973年、『ぽぷらと軍神』で文學界新人賞を受賞してデビュー[1]。出版社に『坑夫伝吉』という小説を送るも「主人公を女にしてはどうか」と提案され『観音力疾』を執筆、同作が1977年に北海道新聞文学賞を受賞、また芥川賞候補にもなった[5]

翌年の1978年、『伸予』で北海道在住の作家として初めて芥川賞を受賞[1]

このほかの作品に新田次郎文学賞を受けた『友子』など、一貫して庶民を描き、炭鉱や炭鉱労働者を舞台とした自伝的小説を発表した[1]

2007年1月31日、肺炎のため78歳で死去[1]

顕彰編集

揆一郎の忌日は、3回忌にあたる2009年に「氷柱忌(つららき)」と命名された[6]

歌志内公園の一角に揆一郎の言葉「歌志内なくして 我が文学なし」と刻まれた文学碑が建立されている[1]

2017年、揆一郎にちなんだ「炭鉱(ヤマ)とふるさと作文賞」が創設された[7]

受賞歴編集

著書編集

  • 『観音力失踪 木偶おがみ』 東京新聞出版局 1978
  • 『伸予』 文藝春秋 1978
  • 『狐沢夢幻』 作品社 1979
  • 『北の旗雲』 新潮社 1979
  • 『別ればなし』 新潮社 1979
  • 『北の道化師たち』 作品社 1980
  • 『青草の庭』 新潮社 1981
  • 『湯気に隠れて』 潮出版社 1981
  • 『夏の月』 河出書房新社 1981
  • 『さざなみ』 潮出版社 1981
  • 『晩籟』 文藝春秋 1982
  • 『地ぶき花ゆら』 講談社 1983
  • 『舞々虫の賦』 河出書房新社 1983
  • 『炭火赫く』 文藝春秋 1984
  • 『雨ごもり』 福武書店 1985
  • 『花筏』 潮出版社 1985
  • 『北の絃』 新潮社 1986
  • 『祭り化粧』 講談社 1988
  • 『蛙鳴三昧』 潮出版社 1988
  • 『五番棟の梅』 河出書房新社 1988
  • 『えんぴつの花』 文藝春秋 1989 - 表題作は豊田正子、収録作『未完の馬』は神田日勝の評伝
  • 『悪党のトマト』 河出書房新社 1990
  • 『縄のれん放談』 北海タイムス社 1991
  • 『友子』 河出書房新社 1991
  • 『少年給仕』 新潮社 1992
  • 『にぎにぎ』 河出書房新社 1994
  • 『陽だまりのムービィ』 河出書房新社 1997
  • 『夫婦旅せむ』 北海道新聞社 2000

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 作家・高橋揆一郎(昭和3年~平成19年)”. 北海道歌志内市. 2015年2月22日閲覧。
  2. ^ a b c 「芥川賞作家・名誉市民 高橋揆一郎さん逝く」歌志内市、hotnews、7頁。
  3. ^ 「「村の子供」発刊80周年・木村文助没後55年記念講演会」大野文化財保護研究会「木村文助先生の綴り方指導」7頁。
  4. ^ 高橋揆一郎
  5. ^ 没落した炭鉱町に漂う人間の情念 合田一道文、牧歌移動マガジンKAI、2019年10月3日閲覧。
  6. ^ 出身地歌志内市で故高橋揆一郎氏の文学忌「氷柱(つらら)忌」開催 リアルエコノミー、2013年1月28日配信。
  7. ^ 石炭産業で栄えた北海道歌志内市出身で10年前に死去した芥川賞作家、高橋揆一郎 毎日新聞北海道朝刊、2017年4月13日配信。

外部リンク編集