メインメニューを開く
高橋本吉

高橋 本吉(たかはし もときち、1873年明治6年)2月17日[1] - 1920年大正9年)11月26日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会)。

経歴編集

秋田県北秋田郡綴子村(現在の北秋田市)出身。東京高等師範学校を卒業した後、アメリカ合衆国に渡り、プリンストン大学で修士号を得た。1908年(明治41年)から1910年(明治43年)まで関東都督秘書官を務めた後[3]、関東都督府経済調査嘱託[4]農商務省海外実業練習生南満州鉄道株式会社文書係主任、ジャーディン・マセソン商会大連出張所主任などを歴任した[1]

1917年(大正6年)、第13回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第14回衆議院議員総選挙でも再選された。

日米問題の調査のため渡米中、シアトルで病死した[5]

脚注編集

  1. ^ a b 『人事興信録』
  2. ^ 官報』第2520号、大正9年12月24日
  3. ^ 高橋本吉特旨叙位ノ件
  4. ^ 『衆議院要覧』
  5. ^ 『新あきた風土記 県北編』

参考文献編集