高橋正太郎

日本の外交官

高橋 正太郎(たかはし しょうたろう)は、日本外交官ニューヨーク総領事や、駐イラン特命全権大使、駐フィンランド特命全権大使を務めた。

人物・経歴編集

秋田県北秋田郡鷹巣町(現北秋田市)出身。旧制秋田県立能代中学校(現秋田県立能代高等学校)、旧制東京商科大学(現一橋大学)を経て、1943年外務省入省。

バンコクワシントンでの大使館勤務を経て[1]科学技術庁原子力局国際協力課長[2]、外務省アメリカ局安全保障課長[3]在英国日本国大使館公使[4]、駐クウェート特命全権大使ニューヨーク総領事、駐イラン特命全権大使を歴任し、1984年から1987年まで駐フィンランド特命全権大使を務め[5]マウノ・コイヴィスト第9代フィンランド大統領の来日の際には、昭和天皇への進講を行うなどした[1]

脚注編集

  1. ^ a b 『外から見た日本』秋田県立能代高校 東京同窓会
  2. ^ 「原子力産業新聞」
  3. ^ 第14号 昭和38年6月13日国会
  4. ^ Untitled外務省
  5. ^ 「100年の外交・デザイン関連年表 PDF版」 - 日本-フィンランド