メインメニューを開く

高橋 章子(たかはし あきこ、1952年10月28日 - )は、日本エッセイスト、元雑誌編集者

高橋 章子
(たかはし あきこ)
生誕 (1952-10-28) 1952年10月28日(67歳)
日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
教育 武蔵野美術大学
職業編集者
エッセイスト
活動期間 1975 - 現在
代理人 高橋章子事務所

来歴編集

東京都出身。武蔵野美術大学在学中から、雑誌『ビックリハウス』の出版に携わる。卒業後、パルコ出版に入社し、1977年から『ビックリハウス』の編集長となる。以来、1985年の終刊まで編集長として勤める。また、編集長時代から様々なメディアに多数出ていたので「花編アッコ」との別名が名付けられていた[1]

終刊後は、パルコ出版を退職、独立。以降はエッセイストとして自身の子育て体験や料理レシピ[2]の記事執筆やワイドショーコメンテーターを務めている。

出演番組編集

著書編集

  • 『高橋章子大全アッコです、ドモ。』筑摩書房、1986年3月。ISBN 978-4480812179
  • 『犬も歩けばタカハシにあたる』芸文社、1990年6月。ISBN 978-4874651926
  • 『気分は晴天(ピーカン)』毎日新聞社、1992年5月。ISBN 978-4620308609
  • 『高橋章子の大出産』徳間書店、1996年5月。ISBN 978-4198604967
  • 『ビックリは忘れた頃にやってくる』筑摩書房、1996年6月。ISBN 978-4480818003
  • 『クラスでケータイ持ってないの僕だけなんだけど』朝日新聞出版、2010年1月20日。ISBN 978-4022506191

脚注編集

  1. ^ 『ビックリハウス』 分野を一切問わぬ投稿メディア”. 夕刊フジ (2015年12月2日). 2016年2月9日閲覧。
  2. ^ 内澤旬子のおいしいルポ”. 株式会社マガジンハウス (2013年4月25日). 2016年2月12日閲覧。