高橋 義忠(たかはし よしただ、1969年5月3日 - )は、日本中央競馬会(JRA)・栗東トレーニングセンターに所属する調教師滋賀県出身[1]。実父は元騎手・調教師の高橋成忠[2]

高橋義忠
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 滋賀県
生年月日 (1969-05-03) 1969年5月3日(50歳)
所属団体 JRA
初免許年 2016年
経歴
所属 栗東T.C.
テンプレートを表示

来歴編集

元々飛行機が好きで、大学では経済学を専攻しつつパイロットを目指していた。しかし、進路に迷いが生じ、父に相談をしたところ、牧場関係者の紹介でイギリスに渡り、ノース・ヨークシャーのクリス・ソーントン厩舎およびニューマーケットのマーク・ブレスコット厩舎で研修を積むことになった。ブレスコット厩舎には1992年カルティエ賞年度代表馬ユーザーフレンドリーが在厩していた。この経験により、「競馬の世界もいいな」と思うようになった[2][3]

1994年7月にJRA競馬学校厩務員課程に入学。1995年1月より吉岡八郎厩舎で厩務員、1996年6月より同厩舎で調教助手となる。同厩舎ではケイティタイガーキョウワアリシバなどに携わった。1999年10月から高橋成忠厩舎に移籍した[1]調教師試験にも挑戦を続けていたが、父の定年を翌年に控えた2010年に待望の合格を果たす[4]2011年3月に父の管理馬を引き継ぐ形で厩舎を開業した[3]

2014年5月24日にクリノスターオー平安ステークスを制し、JRA重賞初制覇。同年は開業4年目にして自己最多の31勝を記録した。2018年3月25日、高松宮記念ファインニードルで制してGI初制覇を果たした[5]

調教師成績編集

概要編集

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 2011年3月6日 1回阪神4日2R 3歳上未勝利 メイショウサリマン 13頭 5 1着
初勝利 2011年3月6日 1回阪神4日2R 3歳上未勝利 メイショウサリマン 13頭 5 1着
重賞初出走 2012年3月17日 2回中山7日11R フラワーカップ メイショウスザンナ 16頭 1 2着
重賞初勝利 2014年5月24日 3回京都9日11R 平安ステークス クリノスターオー 16頭 12 1着
GI初出走 2012年4月8日 2回阪神6日11R 桜花賞 メイショウスザンナ 18頭 11 5着
GI初勝利 2018年3月25日 2回中京6日11R 高松宮記念 ファインニードル 18頭 2 1着

主な管理馬編集

※括弧内は当該馬の優勝重賞競走

年度別成績編集

高橋義忠の年度別成績(netkeiba.com)を参照

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 調教師名鑑. JRA. 2019年1月1日閲覧
  2. ^ a b 高橋義忠調教師へのインタビュー part1. 高橋義忠厩舎. 2019年1月1日閲覧
  3. ^ a b 【高橋義忠調教師】父・高橋成忠氏を引き継ぎ3月から開業. 競馬ラボ(2011年7月1日付). 2019年1月1日閲覧
  4. ^ 【栗東TC】新規調教師合格発表. トレセンブログ(2010年12月10日付). 2019年1月1日付
  5. ^ 【セントウルS】栗東レポート~ファインニードル [News]. ラジオNIKKEI(2018年9月6日). 2019年1月1日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集