高橋 錦吉(たかはし きんきち、1911年9月15日 - 1980年9月23日)は、日本のグラフィックデザイナー徳島県出身。

1952年

人物

編集

第2次日本工房への参加・三省堂図案部での勤務の後、日本写真工芸社FRONTでの活動や1938年の「日本スキー」のポスターが有名。戦前から活躍した、近代的なグラフィックデザイナーの1人であり、レタリングでその才能を開花させたことで知られる。

1935年、中央図案集団に参加。

1928年、広告作家懇話会に参加。

1940年、日本産業美術協会に参加。

熊田五郎とは神奈川県立工業学校(のちの神奈川県立神奈川工業高等学校)の同級。その縁で、熊田を日本写真工芸社に誘っている。

第二次世界大戦後の1951年には、原弘亀倉雄策早川良雄山名文夫らと、日本宣伝美術協会を結成した。

著書

編集
  • 図案の基礎(1953年、美術出版社
  • 図案文字のかき方(1955年、改訂版1956年、美術出版社)
  • 編集入門(水田茂、戸台俊などと共著、1957年、ダヴィッド社
  • 『レタリング入門』(1973年 大泉書店

関連する展覧会

編集

生前に1回展覧会が開催されたという情報があるが(写真家小松健一・オフィシャルサイト)、その詳細については確認中。

関連文献

編集

高橋錦吉が装丁を行った本・雑誌

編集

外部リンク

編集