メインメニューを開く

高池 勝彦(たかいけ かつひこ、1942年8月7日 - )は、日本弁護士政治活動家

たかいけ かつひこ
高池 勝彦
生誕 (1942-08-07) 1942年8月7日(76歳)
出身校 早稲田大学
職業 弁護士

目次

経歴編集

早稲田大学法学部卒業1972年昭和47年)、29歳で司法試験に合格し、司法修習27期を経て1975年に弁護士登録(東京弁護士会、登録番号14830)。

新しい歴史教科書をつくる会会長、國語問題協議會会員(監事)、国家基本問題研究所理事、南京事件の真実を検証する会委員、維新政党・新風講師、映画『南京の真実』の賛同者[1]東史郎南京大虐殺関連の書籍に関する名誉棄損訴訟の原告弁護人、百人斬り訴訟の原告側弁護団長[2]夏淑琴裁判の被告(=松村俊夫、展転社)側代理人[3]朝日新聞を糺す国民会議弁護団にも加わっている。「昭和の日」ネットワーク副理事長。更に「明治の日推進協議会」事務総長も務め、自分の弁護士事務所を会の連絡先としている[4]

主張編集

著作編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集