メインメニューを開く

高河原神社(たかがわらじんじゃ[1][2] 、たかかわらじんじゃ[3][4])は、伊勢神宮豊受大神宮(外宮)の摂社。外宮の摂社16社のうち第10位である[5]。外宮の別宮である月夜見宮の境内にある[6]

高河原神社
Takagawara-jinja 02.jpg
所在地 三重県伊勢市宮後一丁目3番19号
位置 北緯34度29分34.5秒
東経136度42分22.2秒
座標: 北緯34度29分34.5秒 東経136度42分22.2秒
主祭神 月夜見尊御魂
社格 式内社(小)
豊受大神宮摂社
創建 延暦23年(804年)以前
本殿の様式 神明造
主な神事 神嘗祭
地図
高河原神社の位置(三重県内)
高河原神社
高河原神社
テンプレートを表示

目次

概要編集

三重県伊勢市宮後一丁目1006番地[7]住居表示では宮後一丁目3番19号)に鎮座する。月夜見宮社殿の右手後方(北東)に位置する[3]。境内地は三方を堀で囲まれているが、この堀は宮川の支流の名残とされる[3]

祭神月夜見尊御魂(つきよみのみことのみたま)[3][4]。鎮座地周辺は宮川の高河原であり、周辺地域の土地開拓の守護神である[3][4]。多くの古書で祭神を月夜見(月読)の御魂であるとするが、『神名帳考證再考』は倉稲魂命(うかのみたまのみこと)であると主張し、『二宮管社沿革考』は式内社としての社名「川原坐国生神社」から祭神が国生神であることは明らかだと述べている[8]

社殿神明造板葺で、写真にあるように玉垣に囲まれている。伊勢神宮の摂社・末社・所管社には通例、賽銭箱は置かれていない[9]が、高河原神社には賽銭箱が置かれている。

歴史編集

伊勢神宮の摂社の定義より『延喜式神名帳』成立、すなわち延長5年(927年)以前に創建された[10]。同書には「川原坐国生神社」として記載される[7]。また、『止由気宮儀式帳』にも「高河原社」として記載がある[7]ことから延暦23年(804年)以前から存在したことになる。『類聚神祇本源』の私記によれば、徳治元年(1306年)以降、造替使よって造り替えが行われるようになった[11]。『二宮管社沿革考』に「応永頭工日記云、応永廿六年正月四日ノ炎上ノ事、月夜見宮・同小殿・河原社・忌火屋殿御焼、ト云ヘリ。」とあり、応永廿六年正月四日ユリウス暦1419年1月29日)に焼失するまで、高河原神社が存在したことは分かっている[11]

その後祭祀が行われなくなり、近世には社地不明となるが、大宮司河邊精長(大中臣精長)の尽力により寛文3年7月7日グレゴリオ暦1663年8月9日)に現社地で再興された(『摂社再興記』による)[7]。鎮座地は『神名秘書』では「在沼木郷山田村。月読宮東。」とし、『類聚神祇本源』では「月読宮東、同玉垣内。」としている[7]。『二宮管社沿革考』では、旧社地を伊勢市一之木の須原大社であるとしている[12]

1911年(明治44年)3月に建て替えが行われている[13]。その後、1938年(昭和13年)に建て替えた後に1957年(昭和32年)に大修繕を行ったので、20年目に遷御を行った[14]

祭祀編集

祈年祭(2月)、月次祭(6月・12月)、神嘗祭(10月)、新嘗祭(11月)は、禰宜(ねぎ)が巡回祭典の形で境内にて祭祀を執行し、歳旦祭(1月)、元始祭(1月)、建国記念祭(2月11日)、風日祈祭(5月・8月)、天長祭12月23日)は遥祀を行う[11]

交通編集

 
最寄りの月夜見宮前バス停
公共交通
自家用車

脚注編集

  1. ^ 式年遷宮記念せんぐう館"高河原神社 <<たかがわらじんじゃ>>"(2013年10月8日閲覧。)
  2. ^ iTV"高河原神社|伊勢神宮百科辞典|伊勢志摩の旅よいとこせ"(2013年10月8日閲覧。)
  3. ^ a b c d e 伊勢文化舎(2008):39ページ
  4. ^ a b c 学研パブリッシング(2013):57ページ
  5. ^ 宇治山田市役所 編(1929):11 - 13ページ
  6. ^ a b 伊勢文化舎(2008):38ページ
  7. ^ a b c d e 式内社研究会 編(1990):294ページ
  8. ^ 式内社研究会 編(1990):295 - 296ページ
  9. ^ 伊勢文化舎(2008):26ページ
  10. ^ 伊勢文化舎(2008):22ページ
  11. ^ a b c 式内社研究会 編(1990):296ページ
  12. ^ 式内社研究会 編(1990):295ページ
  13. ^ 宇治山田市役所 編(1929):12ページ
  14. ^ 櫻井(1991):298ページ
  15. ^ 伊勢文化舎(2008):33ページ

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集