メインメニューを開く

高澤秀次

高澤 秀次(たかざわ しゅうじ、1952年(昭和27年)7月18日 - )は、日本の文芸評論家日本ジャーナリスト専門学校文芸創作科、慶應義塾大学総合政策学部、明治学院大学文学部、近畿大学大学院文芸学研究科の各非常勤講師を経て現在、二松學舍大学文学部非常勤講師。

目次

略歴編集

北海道室蘭市生まれ。北海道室蘭栄高等学校早稲田大学第一文学部(文芸専攻)卒業。フリージャーナリストを経て、1980年代後半から評論活動を始める。民俗ルポルタージュから思想史、近代知識人論、中上健次に関する評論・研究、文芸評論などのほか文芸誌上に発表された近年の作家論では、中野重治、金石範、大西巨人、石牟礼道子、小島信夫、小田実、古井由吉、後藤明生、津島佑子がある。

中上健次に関しては、集英社版全集の年譜(第15巻)製作を担当したほか『評伝中上健次』、編著として『中上健次エッセイ撰集 青春・ボーダー篇』、『中上健次エッセイ撰集 文学・芸能篇』、『中上健次と読む「いのちとかたち」』、『中上健次「未収録」対論集成』、『現代小説の方法』がある。

熊野大学夏季セミナーの講師兼コーディネーターを2008年(平成20年)まで務めた。

著書編集

単著編集

  • 『旗焼く島(ムラ)の物語 沖縄・読谷村のフォークロア』 社会評論社、1988年
  • 『辺界の異俗(フォークロア) 対馬近代史詩』 現代書館、1989年
  • 『昭和精神の透視図(パースペクティブ) 大衆の形成からポスト・モダンまで』 現代書館、1991年
  • 『戦後知識人の系譜』 秀明出版会〈発言者双書〉、1998年
  • 『評伝中上健次』 集英社、1998年
  • 『海をこえて 近代知識人の冒険』 秀明出版会、2000年
  • 江藤淳 神話からの覚醒』 筑摩書房〈戦後思想の挑戦〉、2001年
  • 『中上健次事典 論考と取材日録』 恒文社21、2002年
  • 『戦後日本の論点 山本七平の見た日本』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2003年
  • 吉本隆明 1945-2007』 インスクリプト、2007年
  • 『ヒットメーカーの寿命 阿久悠に見る可能性と限界』 東洋経済新報社、2009年
  • 『文学者たちの大逆事件と韓国併合』 平凡社新書、2010年
  • 『戦後思想の「巨人」たち-「未来の他者」はどこにいるか』 筑摩書房〈筑摩選書〉、2015年

監修・編著編集

  • 中上健次 『中上健次エッセイ撰集』 監修、恒文社21、2001年8月。
  • 中上健次 『中上健次と読む『いのちとかたち』』 編、河出書房新社、2004年
  • 中上健次 『中上健次「未収録」対論集成』 編、作品社、2005年
  • 中上健次 『現代小説の方法』 編、作品社、2007年
  • 別冊太陽「中上健次」監修、平凡社、2012年。
  • 中上健次「電子版中上健次全集」監修、小学館、2016~2017年。

翻訳

From〈Passion〉to〈Compassion〉:The World of Ishimure Micihiko's Work(Translated by Caroline A.WakeE)Ecocriticism in Japan LEXINGTON BOOKS 2017「〈受苦〉から〈共苦〉へ―石牟礼道子の作品世界」(「すばる」2014年7月号抄訳)

共著

雑誌記事編集

関連項目編集