本来の表記は「髙瀬一誌」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

髙瀬 一誌(たかせ かずし、1929年12月7日 - 2001年5月12日)は歌人

経歴編集

東京府豊多摩郡井荻町(現・杉並区)に生まれる。東京経済大学卒業。父は文部大臣郵政大臣などを歴任した高瀬荘太郎、母方の祖父は台湾銀行副頭取・東洋海上保険(現日新火災海上保険)社長などを歴任した下坂藤太郎。妻は歌人の三井ゆき中外製薬に勤務し、CMなどの制作に携わった。

歌誌「をだまき」で中河幹子(小説家・中河与一の妻)に師事した後、1951年、歌誌「短歌人」に入会し小宮良太郎に師事。1956年、作品活動が活発かつ功労のあった同人に贈られる斎藤瀏賞を受賞。後に「短歌人」編集・発行人。若い頃から作歌を始めているが、第一歌集『喝采』を出したのは遅く、1982年、53歳の時のことである。同作で第8回短歌公論処女歌集賞を受賞。石黒清介の誘いにより、1985年より『短歌現代』(短歌新聞社)編集長。後進育成にも熱心で、「短歌人」から小池光永井陽子藤原龍一郎武下奈々子辰巳泰子松木秀天野慶など多くの歌人を送り出した。その功績を称え、2002年より「短歌人」内の公募新人賞である「短歌人新人賞」が、「高瀬賞」と改称される[1]

作風としては、散文的で実験性の強い口語短歌である。意図的に音数を減らした文体に特徴があり、とりわけ三句目の五音が脱落していることが多い[2]。その一方で、特に初心者に対しては、定型の遵守を強く指導していたという。

主な著書編集

  • 歌集『喝采』 短歌新聞社、1982年
  • 歌集『レセプション』 短歌新聞社〈昭和歌人集成〉、1989年
  • 歌集『スミレ幼稚園』 短歌新聞社、1996年
  • 歌集『火ダルマ』(遺歌集) 砂子屋書房、2002年
  • 『高瀬一誌全歌集』 短歌人会、2005年
  • 『髙瀬一誌全歌集』 六花書林、2015年

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 短歌人会概要」『短歌人会』。
  2. ^ 高橋みずほ定型の不思議 - 高瀬一誌の場合」『十月会レポート』第101号(2001年1月)。

外部リンク編集