高瀬耕造

日本のアナウンサー

高瀬 耕造(たかせ こうぞう、1975年12月26日[6] - )は、NHKチーフアナウンサー

たかせ こうぞう
高瀬 耕造
プロフィール
愛称 まゆ造[1]
出身地 日本の旗 日本 兵庫県西脇市[2]
生年月日 (1975-12-26) 1975年12月26日(44歳)
最終学歴 早稲田大学商学部卒業[3]
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 新潟[4]広島[4]→東京アナウンス室[4]
活動期間 1999年 -
ジャンル 報道・情報・バラエティー
配偶者 川野美咲[5]
公式サイト NHKアナウンスルーム
出演番組・活動
出演中NHKニュースおはよう日本
出演経歴NHKニュース7
正午ニュース

人物編集

兵庫県西脇市生まれ、明石市加古川市育ち[2]兵庫県立加古川東高等学校卒業[3]。身長175cm。小学校・中学時代の同級生に将棋棋士久保利明[7]、高校時代の同級生にお笑いタレントレイザーラモンHG[8]がいる。

関西の大学に進学するが、関東への憧れがあり予備校に通い関東の大学を再受験[4]し、早稲田大学商学部に入学[9][3]。大学卒業後、1999年に入局[4]

東京異動後はニュース・報道番組を中心に担当しており、災害時等の緊急報道での出演機会も多い。

嗜好・挿話編集

現在の担当番組編集

過去の担当番組編集

新潟放送局時代編集

広島放送局時代編集

  • ふるさと発スペシャル「ちゅうごく人口減少社会」 - キャスター(2006年4月 - 2007年3月)

東京アナウンス室時代編集

  • NHKニュースおはよう日本 (キャスター:4:30 - 5:55)(2008年3月31日〜2010年3月)[20]
  • 月刊とれたてマイビデオ(2009年4月 - 2010年3月)
  • NHK週刊ニュース(2009年10月31日、2010年10月23日、30日放送分、畠山智之の代理)
  • 国会中継 (2010年度 第174(4月1日以降)・第175第176)(ディレクター兼務)
  • ニュースウオッチ9 - ニュースリーダー(2010年8月9日 - 20日)
  • NHKニュース (午前0時)(2010年8月9日 - 20日)
  • NHKスペシャル シリーズ 日米安保50年 第4回 「日本の未来をどう守るのか」サブキャスター(2010年12月11日) 
  • NHKニュース7
    • サブキャスター(土曜・日曜)[22](2011年4月9日〜2012年4月1日)
    • メインキャスター(土曜・日曜・祝日)(2016年4月9日 - 2017年4月2日)
      • 武田真一の休みで、平日も代理で担当した事があった。 
  • NHKニュース(午後8時45分:土曜・日曜)
    • 関東甲信越ローカル枠〔20:55〜21:00〕のニュース・気象情報も兼務
      • 2011年4月9日 - 2012年4月1日
      • 2016年4月9日 - 2017年3月26日 
  • 平日はNHK各放送局の若手アナウンサーを対象に、選挙報道やニュースの伝え方などの研修を担当していた[23]
  • 正午ニュース - キャスター(祝日を除く月曜 - 金曜・2012年4月2日 - 2016年4月1日)
※午前11時、午後1時、午後6時(大相撲中継期間中)のニュースも担当。
※18:00 - 18:09のニュースはニュースリーダーを担当。 

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 第5回“朝の顔”ランキング”. ORICON NEWS (2019年6月9日). 2019年7月29日閲覧。
  2. ^ a b c 暮らして愛して兵庫県 - NHK神戸放送局 2019年6月24日放送・神戸局ウェブサイトでの動画公開 2019年6月25日閲覧。
  3. ^ a b c 加古川東高等学校出身の有名人|みんなの高校情報”. 2019年7月29日閲覧。
  4. ^ a b c d e 想像力と見識を持ったアナウンサーに 「きっかけはグリークラブでの"一言"から」”. 日本放送協会. 2015年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月23日閲覧。
  5. ^ a b 半年で452番組 日本一TV出演多い高瀬耕造アナって?”. 日刊ゲンダイ (2014年7月17日). 2019年7月29日閲覧。
  6. ^ 高瀬耕造(たかせこうぞう)のプロフィール・画像・出演スケジュール|【スタスケ】(0000258763)”. ザテレビジョン. 2019年7月29日閲覧。
  7. ^ NHK高瀬アナと久保王将、小中同級生だった おはよう日本で共演
  8. ^ 高校の同級生でNHKアナウンサーの高瀬くんと レイザーラモンHGインスタグラム
  9. ^ a b 【近況・遠境】高瀬アナ、現役と共演 NHK「思い出のメロディー」”. 早稲田大学グリークラブOB会. 早稲田大学グリークラブ (2018年10月8日). 2019年6月23日閲覧。
  10. ^ ~私の“就活”時代~ プラハの“熱気”を熱く語ったNHK“記念受験” NHK アナウンス室 2018年
  11. ^ a b 高瀬耕造|アナウンサーを探す|NHK アナウンス室”. 2019年7月29日閲覧。
  12. ^ 想像力と見識を持ったアナウンサーに 「決して逃げない、ひるまない、揺るがない」”. 日本放送協会. 2015年4月2日閲覧。
  13. ^ a b NHK高瀬アナの“ほっこり自虐”が話題 視聴者と築く『良好な関係性』 - ORICON NEWS・2018年9月30日
  14. ^ NHK高瀬耕造アナ呼びかけが話題 兵庫県出身で防災士資格も”. 女性自身 (2018年9月6日). 2019年10月14日閲覧。
  15. ^ 2014上半期で最もテレビに出たタレントは男性・バナナマン設楽統、女性・大久保佳代子 - リアルライブ・2014年7月16日
  16. ^ 木村隆志 (2018年11月10日). “『まんぷく』の“朝ドラ送り” 高瀬アナだけではなく関西でも!”. NEWSポストセブン. 小学館. 2019年3月28日閲覧。
  17. ^ nhk_steraのツイート(1189014239870013440) 〈NHKニュース おはよう日本〉保里小百合アナが聞く!高瀬耕造アナインタビュー NHKウイークリーステラ 2019年11月8日号
  18. ^ “NHK高瀬アナの“昼ドラ受け”最後に悲しみの声”. 日刊スポーツ. (2016年4月2日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1625317.html 2019年4月15日閲覧。 
  19. ^ NHK高瀬アナ、SMAP報道時のイラストにツッコミ「眉毛が太すぎるのでは…」”. ORICON NEWS (2016年2月3日). 2019年10月13日閲覧。
  20. ^ 2008年3月〜2009年3月までは佐藤龍文、2009年4月〜2010年3月までは井上二郎と隔週での担当
  21. ^ 4時台のみ
  22. ^ 平成23年度 番組キャスター(抜粋)
  23. ^ … 平日の過ごし方 高瀬耕造 - ニュース7ブログ・2016年5月25日
  24. ^ NHKスペシャル 特定秘密保護法を問う~“施行”まで4か月~ - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  25. ^ おはよう日本出演者ブログ:朝ドラ感謝祭!

外部リンク編集