メインメニューを開く

高田 三九三(たかだ さくぞう、1906年12月18日 - 2001年1月29日)は、日本の作詞家である。

人物編集

東京都出身。明治39年生まれの三男だから「三九三」と名付けられた[1]東京外国語学校(現東京外語大学)仏文科卒業。マンドローネ奏者。大使館勤務の経験あり。戦後は日本交通公社に勤務。欧米の民謡の訳詞でも知られる。晩年には全日本児童音楽協会会長を務めた。2001年1月29日、心不全で94歳にて死去。

主な作品編集

作詞編集

海沼實作曲の曲などでの作詞がある[2]

  • 虹の橋
  • 花屋さん
  • れんげのお花
  • うさぎがはねてる
  • かかしのねがいごと
  • 胸をはって歌いましょう

訳詞編集

アメリカイギリスフランスなどの民謡、クリスマス・キャロル等の訳詞を手がけている[3]

書物編集

脚注編集