高田中学校・高等学校

三重県津市にある中高一貫校

高田中学校・高等学校(たかだちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、三重県津市一身田町に所在する私立中学校高等学校

高田中学校・高等学校
地図北緯34度45分50.5秒 東経136度30分12.2秒 / 北緯34.764028度 東経136.503389度 / 34.764028; 136.503389座標: 北緯34度45分50.5秒 東経136度30分12.2秒 / 北緯34.764028度 東経136.503389度 / 34.764028; 136.503389
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人高田学苑
校訓 言行忠信 表裏相応
設立年月日 1872年明治5年)
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型(併設型(別クラス型)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
学校コード C124320135014 ウィキデータを編集(中学校)
D124310055064 ウィキデータを編集(高等学校)
高校コード 24505E
所在地 514-0114
外部リンク 高田中・高等学校
ウィキポータル 教育
ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

概要 編集

設置者は真宗高田派本山専修寺による学校法人高田学苑。そのため、学業のみならず仏教教育を通した人格形成にも重きを置いており、仏教の授業や仏教行事などが行われている。また、高田派寺院僧侶を兼職している教員も多い。

歴史 編集

江戸時代末期、1714年正徳4年)頃、専修寺の講堂に勧学堂の額を掲げ、宗典が講義されたのが学校の始まりである。

1871年明治4年)、専修寺内に僧に仏典や漢文を教える場として貫練場が創立され、翌年から一般子弟も教えるようになった。この1872年(明治5年)が開校の年となっている。県下で一番古い学校と云われている。

アクセス 編集

 
 

また学校の前には、津駅方面にアクセスする三重交通のバス停がある[1]

教育 編集

中高一貫教育の6年制(200名程度)と、高等学校単独の3年制(I類・II類・Ⅱ類特選)とがある。6年制と3年制とはクラス編成もカリキュラムも別立てであり、同じ敷地内ではあるが制服・校舎・授業内容ともに異なる。体育館やグラウンドなどの施設は共通である。

6年制入学後は、中学1年生時の担任が高校卒業まで持ち上がりでクラスを担当し、一貫した指導がなされることが多い。

1997年平成9年)度から2007年(平成19年)度までは他の中学校から高校入学時に6年制へ編入することも可能であったが、2008年(平成20年)度より廃止された。

2006年(平成18年)、未履修問題で時間割に大幅な変更がされ、中学校から7限授業が導入された。

部活動 編集

部活動も盛んに行われており、高校の部活動では6年制も3年制も同じクラブに所属する。

特徴的な部活動としては、三重県の中学では珍しい鉄道研究同好会[注 1]、科学部[注 2]や数研部[注 3][注 4]、三重県の高校で唯一であり全国的にも古参の馬術部、ボランティア活動を行う仏青インターアクト部、全国大会に何度も出場している将棋部などがある。

また、俳句好きの教諭と生徒の有志で結成した俳句同好会は、2003年(平成15年)に愛媛県松山市で開催された第6回俳句甲子園において、開成高等学校に敗れたものの、準優勝した実績がある。

高校卓球部は、三重県の強化指定運動部として指定されており、10年連続でインターハイに出場している。

著名な出身者 編集

政治・行政・司法 編集

文化・マスコミ 編集

芸能 編集

スポーツ 編集

高田中・高を舞台とする作品 編集

  • 村上しいこ『うたうとは小さないのちひろいあげ』講談社、2015年5月26日、322頁。ISBN 978-4-06-219509-6 
不登校の高校1年生・桃子がひょんなことから廃部危機の「うた部」に入部し、短歌甲子園を目指すという物語である[3]
第53回野間児童文芸賞受賞作[3]朝日新聞の取材に対し、作者が高田高校をモデルにしていることを公表している[4]

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 鉄道車両や沿線風景の撮影を行っている。また、2012年(平成24年)の第一回全国鉄道研究会対抗選手権で入賞している。
  2. ^ 物理(電気)・化学・生物・地学(天文)の各分野があり、プラネタリウム解説コンクールやLEGOを用いたロボットを製作する大会などで優秀な成績を残している。
  3. ^ 数学研究部の略称と誤解されがちだが、C言語を用いたプログラミングを行う部活動であり、2007年(平成19年)の全国高等学校パソコンコンクール2008年(平成20年)および2011年(平成23年)のU-20プログラミングコンテストで入賞している。
  4. ^ 2006年(平成18年)および2007年(平成19年)の国際情報オリンピック金メダリストが所属していた

出典 編集

  1. ^ 高田中・高等学校”. www.mie-takada-hj.ed.jp. 2022年12月7日閲覧。
  2. ^ “毎日フォーラム・霞が関ふるさと記:三重県(上)”. 毎日新聞デジタル (毎日新聞社). (2018年4月10日). https://mainichi.jp/articles/20180406/org/00m/010/022000c 2024年2月10日閲覧。 
  3. ^ a b 『うたうとは小さないのちひろいあげ』(村上 しいこ)”. 講談社BOOK倶楽部. 講談社. 2019年1月2日閲覧。
  4. ^ 小川尭洋"「優しさ」描ける温かさ 松阪在住・村上しいこさん"朝日新聞2017年1月1日付朝刊、愛知版28ページ

関連項目 編集

外部リンク 編集