高田孝治

高田 孝治(たかだ こうじ、1940年8月10日 - 2015年6月25日)は讀賣テレビ放送顧問。東京都出身。

経歴編集

1964年上智大学経済学部経済学科を卒業後、読売新聞社へ入社。経済部・社会部記者を経てメディア戦略局長として、インターネット・テレビを通じた報道プログラム制作に携わった。2002年4月1日読売テレビ専務取締役に迎えられ、2004年4月1日に讀賣テレビ放送代表取締役副社長2005年6月22日より代表取締役社長を、2009年6月18日より代表取締役会長を、2011年6月17日より相談役を務めて、2012年6月22日より顧問。

2015年6月25日、心不全のため死去[1]。74歳没。


脚注編集