高田 正二郎(たかだ しょうじろう、1913年1月13日 - 1989年7月4日)は、日本の洋画家グラフィックデザイナー[1]

高田 正二郎
生誕 1913年1月13日
東京都日本橋区
死没 (1989-07-04) 1989年7月4日(76歳没)
渋谷区
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京美術学校
代表作 ビルマ進攻作戦開始
明治100年記念明治天皇御肖像牌純金メダル
この人物に影響を
与えた芸術家
矢崎千代治
吉田久継
和田三造
広川松五郎
中村研一[1]

経歴編集

東京都日本橋区の寿司屋の次男として生まれる。

東京都立第三中学校在学中に日本パステル画会に入会、洋画家の矢崎千代治(やざき ちよじ)に師事。1929年卒業。

1930年頃に従兄で彫刻家吉田久継(よしだ きゅうけい)や東京美術学校教授の島田佳矣(しまだ よしなり)、同助教授の千頭庸哉(ちかみ ようさい)にデザインや鉛筆画を学ぶ。

1931年、東京美術学校図案科入学。和田三造広川松五郎に師事。

1932年に東京湾汽船キッコーマンの広告懸賞に入選したのを皮切りに各コンクールで入賞・受賞を重ねる。

1938年、東京美術学校卒業。

1939年、光風会展で工芸賞受賞。

1943年、洋画家の中村研一に師事。

1945年、戦争美術展において「ビルマ進攻作戦開始」が奨励賞を受賞。

1946年、東京美術学校工芸科図案部講師。

1949年、日展特選受賞。光風会入会。この時期にはとバス社章、富士銀行行章、自衛官階級章をデザインした。

1955年、日本デザイン学会入会。

1957年、文部省在外研究員としてニューヨークのプラット・インスティテュートに留学。翌年欧州を歴遊。

1960年、東京芸術大学デザイン科助教授に就任。この時期に記念硬貨の原図を多く担当する。

1976年、同教授に就任。

1980年、東京芸大を定年退官して同大名誉教授に就任。同時期に福井大学税務大学校講師や朝日広告賞などの審査員を務める。

1985年、山梨県立宝石美術専門学校校長に就任。1986年退任。

1989年7月4日、心不全のため死去。

経歴出典[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 高田正二郎東京文化財研究所