メインメニューを開く

高田 治忠(たかだ はるただ)は、安土桃山時代武将大名

 
高田治忠
時代 安土桃山時代
生誕 不明
死没 不明
官位 豊後守または河内守
主君 羽柴秀勝豊臣秀吉
氏族 高田氏

略歴編集

近江国の国人。羽柴秀勝に仕え、山崎の戦いなどに従軍。天正13年(1585年)、秀勝が18歳で没すると豊臣秀吉の直臣となり、文禄・慶長の役に従軍し、晋州城攻防戦にも参戦[1]慶長年間に丹波国何鹿郡上林にて1万石を領する。

関ヶ原の戦いでは西軍に属し、7月に人質流出を防ぐ為、大坂高麗橋を守備する。その後、田辺城の戦いに参陣した為、戦後に改易となった。

脚注編集

  1. ^ 須田茂『徳川大名改易録』(崙書房出版、1998年)103頁