高田聖子

日本の女優

高田 聖子(たかだ しょうこ、1967年7月28日 - )は、奈良県出身の日本女優劇団☆新感線所属。血液型はB型。元夫は高杉亘(2003年12月 - 2006年4月)。父親は高田良信聖徳宗法隆寺長老、第208世管主)。

たかだ しょうこ
高田 聖子
生年月日 (1967-07-28) 1967年7月28日(55歳)
出生地 日本の旗 奈良県
民族 日本人
ジャンル 女優
配偶者 高杉亘(2003年 - 2006年)
著名な家族 高田良信(父)
主な作品
テレビドラマ
やんちゃくれ
ナースのお仕事』(第3シリーズ)
忍風戦隊ハリケンジャー
舞台
劇団☆新感線各作品
テンプレートを表示

来歴・人物編集

奈良県生駒郡斑鳩町生まれ。

小学生時代からお笑いに興味を持ち、数々のオーディションを受けるも失敗。

高校時代はNHK放送劇団に入団。

大阪芸術大学芸術学部入学直後、学内で友人の羽野晶紀と歩いていたところ、2人まとめて古田新太にスカウトされて劇団☆新感線に入団。小劇場ブームを牽引し、「東の長野里美、西の高田聖子」と評価されていた。

自らプロデュースする「月影十番勝負」では1995年から2006年までの11年間に10本の作品を上演。

1998年、『やんちゃくれ』で主人公の姉・水島濤子を演じたことで全国に名が知れる。

2016年、第51回紀伊國屋演劇賞個人賞受賞[1]

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

オリジナルビデオ編集

舞台編集

劇団☆新感線編集

  • 阿修羅城の瞳』(1987年)
  • 『星の忍者』(1988年)
  • 『ヒデマロ4〜逆襲のビリィ』(1989年)
  • 『仮名絵本西遊記』(1989年・1991年)
  • スサノオ〜神の剣の物語』(1989年)
  • 『ボッキー・ホラー・ショウ』(1990年)
  • 『宇宙防衛軍ヒデマロ5〜完結編』(1990年)
  • 髑髏城の七人』(1990年・1997年)
  • 『アトミック番外地』(1991年)
  • 『銀河一発伝説 ゴローにお任せ』(1992年)
  • 『劇団☆新感線一座興行』(1992年)
  • 『地獄の軍団 -ゴローにおまかせ2-』(1993年)
  • 『スサノオ -武流転生-』(1994年)
  • 『東海道五十三次地獄旅』(1994年・2000年)
  • 『野獣郎見参!』(1996年)
  • 『花の紅天狗』(1996年)
  • 『直撃!ドラゴンロック〜轟天』(1997年)
  • 『直撃!ドラゴンロック2 轟天大逆転〜九龍城のマムシ』(1999年)
  • 『直撃!ドラゴンロック3〜轟天 対 エイリアン』(2001年)
  • 『七芒星』(2002年)
  • 『阿修羅城の瞳』(2003年)
  • 『レッツゴー!忍法帖』(2004年)
  • 髑髏城の七人〜アオドクロ』(2004年)
  • SHIROH』(2004年)
  • 『吉原御免状』(2005年)
  • 『メタル マクベス』(2006年)
  • 『朧の森に棲む鬼』(2007年)
  • 『犬顔家の一族の陰謀〜金田真一耕助之介の事件です。ノート』(2007年)
  • 『五右衛門ロック』(2008年)
  • 『蜉蝣峠』(2009年)
  • 蛮幽鬼』(2009年)
  • 『薔薇とサムライ〜GoemonRock OverDrive〜』(2010年)
    • 『薔薇とサムライ2ー海賊女王の帰還ー』(2022年)
  • 『鋼鉄番長』(2010年)
  • 2021年劇団☆新感線 41周年興行 秋公演 いのうえ歌舞伎『狐晴明九尾狩』(2021年)

月影十番勝負編集

  • 第壱番『ねぇ!キスしてよ』(1995年)
  • 第弐番『月の輝く夜に-MoonStruck』(1996年)
  • 第参番『河童』(1997年)
  • 第四番『唇からナイフ』(1998年)
  • 第五番『僕の美しい人だから』(1999年)
  • 第六番『世にも素敵なネバーエンディングストーリー』(2001年)
  • 第七番『愛の嵐』(2002年)
  • 第八番『ダブルアルバム』(2003年)
  • 第九番『猫と庄造と二人のおんな』(2005年)
  • 第十番『THE FINAL SASORIIX 約束』(2006年)

月影番外地編集

  • 『物語が、始まる』(2008年)
  • 『ジェットの窓から手を振るわ』(2010年)
  • 『くじけまみれ』(2012年)
  • 『つんざき行路、されるがまま』(2014年)
  • 『どどめ雪』(2016年)
  • 『あれよとサニーは死んだのさ』(2019年)

その他の公演編集

  • 『僕に優しい4人の女』
  • 『国姓爺合戦』(NODA MAP)
  • 『やっぱりあなたが一番いいわ』
  • 『スイム スイム スイム』
  • 『曲がり角の向こうには〜RAPTURE』(ひょうご舞台芸術)
  • 『真昼のビッチ』(阿佐ヶ谷スパイダース&ヴィレッジプロデュース)
  • 『無理矢理』(劇団、本谷有希子
  • ペテン師と詐欺師』(2006年)
  • 『回転する夜』(2007年、モダンスイマーズ)
  • 『キル』(2007〜2008年、野田地図 NODA・MAP)
  • 『SPELLING BEE(2009年、スペリング・ビー)
  • 『南へ』(2011年、野田地図 NODA・MAP)
  • 『ぼっちゃま』(2011年、パルコ
  • 『青春漂流記』(2012年、劇団鹿殺し
  • 『いやおうなしに』(2015年、パルコ)
  • 『皆、シンデレラがやりたい。』(2017年、本多劇場
  • 俺節』(2017年5月 - 6月、赤坂ACTシアターオリックス劇場) - 寺泊行代 / マリアン 役[8]
  • 『母を逃がす』(2020年5月7日 - 25日、Bunkamuraシアターコクーン) - ハル子 役 ※新型コロナウイルス感染拡大を受け公演中止

脚注編集

  1. ^ “団体賞はシーエイティプロデュースが受賞 「第51回紀伊國屋演劇賞」が発表に”. シアターガイド. (2016年12月19日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2016/12/19.php 2016年12月21日閲覧。 
  2. ^ 新感線からのお知らせ公式です~SSPがジャック中! - Twitter 2020年4月28日
  3. ^ “EXOのカイ「特別な時間だった」主演ドラマ『春が来た』が撮影終了”. マイナビニュース (マイナビ). (2017年5月11日). https://news.mynavi.jp/article/20170511-a286/ 2018年5月1日閲覧。 
  4. ^ ABCドラマL「ジモトに帰れないワケあり男子の14の事情」
  5. ^ "古川毅、井頭愛海、山口真帆、吉田志織ら「結婚できないにはワケがある。」に出演". 映画ナタリー. ナターシャ. 7 April 2021. 2021年4月7日閲覧
  6. ^ "劇団☆新感線の高田聖子、富裕層マダム役で月9初出演「"いい現場なんだなぁ~"としみじみ」". ORICON NEWS. oricon ME. 16 May 2022. 2022年5月16日閲覧
  7. ^ 死神遣いの事件帖-傀儡夜曲-: 作品情報”. 映画.com. 2020年6月12日閲覧。
  8. ^ “関ジャニ∞安田章大が演歌に挑戦!福原充則演出でマンガ「俺節」舞台化”. ステージナタリー. (2016年12月8日). http://natalie.mu/stage/news/212354 2016年12月8日閲覧。 

外部リンク編集