高田郡

日本の広島県(安芸国)にあった郡

高田郡(たかたぐん)は、広島県安芸国)にあった

郡域編集

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

歴史編集

近世以降の沿革編集

秋町村、粟屋村、上小原村、下小原村、吉田村、深瀬村、下甲立村、高田原村、上甲立村、浅塚村、房後村、糘地村、船木村、常友村、常楽寺村、川根村、来女木村、羽佐竹村、本村、北村、生田村、桑田村、原田村、山部村[1]、相合村、横田村、佐々部村、多治比村、西浦村、長屋村、土師村、中馬村[2]、山手村、竹原村、下入江村、福原村、小山村、国司村、高野村、川本村、桂村、勝田村、上入江村、佐々井村、上根村、下根村、向山村、三田村、秋山村、井原村、戸島村、坂村、長田村、小越村、古屋村、保垣村、志路村、有留村、市川村
  • 明治4年7月14日1871年8月29日) - 廃藩置県により広島県の管轄となる。
  • 明治11年(1878年11月1日 - 郡区町村編制法の広島県での施行により、行政区画としての高田郡が発足。郡役所が吉田村に設置。
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。特記以外は現・安芸高田市。(26村)
    • 吉田村(単独村制)
    • 丹比村 ← 相合村、山部村、西浦村、多治比村
    • 可愛村 ← 中馬村、川本村、山手村、常友村、常楽寺村
    • 高原村 ← 下入江村、福原村、小山村、竹原村、国司村
    • 郷野村 ← 上入江村、長屋村、桂村、高野村
    • 刈田村 ← 佐々井村、勝田村、土師村
    • 根野村 ← 向山村、上根村、下根村
    • 横田村本村北村(それぞれ単独村制)
    • 生桑村 ← 生田村、桑田村
    • 川根村(単独村制)
    • 来原村 ← 原田村、来女木村
    • 船佐村 ← 羽佐竹村、佐々部村、房後村、船木村
    • 粟屋村(単独村制。現・三次市)
    • 甲立村 ← 糘地村、浅塚村、上甲立村、下甲立村、深瀬村(現・安芸高田市)、秋町村(現・三次市)
    • 小田村 ← 高田原村、下小原村、上小原村
    • 戸島村坂村(それぞれ単独村制)
    • 有保村 ← 有留村、保垣村
    • 長田村(単独村制)
    • 井原村(単独村制。現・広島市)
    • 志屋村 ← 志路村、古屋村(現・広島市)
    • 市川村(単独村制。現・広島市)
    • 秋越村 ← 秋山村、小越村(現・広島市)
    • 三田村(単独村制。現・広島市)
  • 明治29年(1896年5月21日 - 吉田村が町制施行して吉田町となる。(1町25村)
  • 明治32年(1899年7月1日 - 郡制を施行。
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年
    • 1月1日 - 甲立村が町制施行して甲立町となる。(2町24村)
    • 7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和4年(1929年
    • 3月1日 - 高原村が分割し、一部(福原・小山・竹原)が可愛村に、一部(下入江)が郷野村に、残部(国司)が吉田町にそれぞれ編入。(2町23村)
    • 4月1日 - 坂村・長田村・戸島村が合併して向原村が発足。(2町21村)
  • 昭和12年(1937年)4月1日 - 向原村が町制施行して向原町となる。(3町20村)
  • 昭和24年(1949年10月1日(3町19村)
    • 市川村の一部(大寺地区)が井原村に編入。
    • 秋越村および市川村の残部が合併して高南村が発足。
  • 昭和25年(1950年
    • 4月1日 - 粟屋村の所属郡が双三郡に変更。(3町18村)
    • 9月1日 - 甲立町の一部(秋町)が双三郡川地村に編入。
  • 昭和28年(1953年)4月1日 - 吉田町・丹比村・可愛村・郷野村が合併し、改めて吉田町が発足。(3町15村)
  • 昭和29年(1954年3月31日 - 有保村が分割し、一部(有留の一部)が高南村に、残部が向原町にそれぞれ編入。(3町14村)
  • 昭和30年(1955年)3月31日 - 刈田村・根野村が合併して八千代村が発足。(3町13村)
  • 昭和31年(1956年
    • 4月1日(4町8村)
      • 横田村・本村・北村・生桑村が合併して美土里町が発足。
      • 甲立町・小田村が合併して甲田町が発足。
    • 9月30日(6町1村)
      • 川根村・船佐村・来原村が合併して高宮町が発足。
      • 井原村・志屋村・高南村・三田村が合併して白木町が発足。
  • 昭和35年(1960年)4月1日 - 八千代村が町制施行して八千代町となる。(7町)
  • 昭和48年(1973年10月22日 - 白木町が広島市に編入。(6町)
  • 平成16年(2004年)3月1日 - 吉田町・八千代町・美土里町・高宮町・甲田町・向原町が合併して安芸高田市が発足。同日高田郡消滅。

変遷表編集

自治体の変遷
明治22年以前 明治22年4月1日
町村制施行
明治22年 - 大正15年 昭和1年 - 昭和19年 昭和20年 - 昭和29年 昭和30年 - 昭和64年 平成1年 - 現在 現在
粟屋村 粟屋村 粟屋村 粟屋村 昭和25年4月1日
双三郡に移管
昭和29年3月31日
三次市
三次市 三次市 三次市
秋町村 甲立村 大正15年1月1日
町制
甲立町 昭和25年9月1日
双三郡川地村に編入
昭和31年9月30日
三次市に編入
糘地村 昭和25年9月1日
秋町を双三郡川地村に編入
昭和31年4月1日
甲田町
平成16年3月1日
安芸高田市
安芸高田市
浅塚村
上甲立村
下甲立村
深瀬村
高田原村 小田村 小田村 小田村 小田村
下小原村
上小原村
生田村 生桑村 生桑村 生桑村 生桑村 昭和31年4月1日
美土里町
桑田村
北村 北村 北村 北村 北村
本村 本村 本村 本村 本村
横田村 横田村 横田村 横田村 横田村
佐々井村 刈田村 刈田村 刈田村 刈田村 昭和30年3月31日
八千代村
昭和35年4月1日
町制
勝田村
土師村
向山村 根野村 根野村 根野村 根野村
上根村
下根村
川根村 川根村 川根村 川根村 川根村 昭和31年9月30日
高宮町
原田村 来原村 来原村 来原村 来原村
来女木村
羽佐竹村 船佐村 船佐村 船佐村 船佐村
佐々部村
房後村
船木村
吉田村 吉田村 明治22年1月1日
町制
吉田町 昭和28年4月1日
吉田町
吉田町
中馬村 可愛村 可愛村 可愛村
川本村
山手村
常友村
常楽寺村
福原村 高原村 高原村 昭和4年3月1日
可愛村に編入
小山村
竹原村
国司村 昭和4年3月1日
吉田町へ編入
下入江村 昭和4年3月1日
郷野村に編入
上入江村 郷野村 郷野村 郷野村
長屋村
桂村
高野村
相合村 丹比村 丹比村 丹比村
山部村
西浦村
多治比村
坂村 坂村 坂村 昭和4年4月1日
向原村
昭和12年4月1日
町制
向原町 向原町
戸島村 戸島村 戸島村
長田村 長田村 長田村
保垣村 有保村 有保村 有保村 昭和29年3月31日
(有留、保垣の一部)
向原町に編入
有留村
昭和29年3月31日
(有留の一部)
高南村に編入
昭和31年9月30日
白木町
昭和48年10月22日
広島市に編入
広島市 広島市安佐北区
秋山村 秋越村 秋越村 秋越村 昭和24年10月1日
高南村
小越村
市川村 市川村 市川村 市川村 昭和24年10月1日
高南村
大寺地区を除く
昭和24年10月1日
(大寺地区)
井原村に編入
井原村 井原村 井原村 井原村 井原村
志路村 志矢村 志矢村 志矢村 志矢村
古屋村
三田村 三田村 三田村 三田村 三田村

行政編集

  • 歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治11年(1878年)11月1日
大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

脚注編集

  1. ^ 記載は山辺村。
  2. ^ 記載は中間村。

参考文献編集

関連項目編集