メインメニューを開く

高知信用金庫(こうちしんようきんこ)は、高知県高知市に本店を置く信用金庫である。通称:『.comBANK(ドットコムバンク)』。以前のキャッチフレーズは『にこにこ明るい高知信用金庫』であった。

高知信用金庫
Kochi Shinkin Bank
Kochi Shinkin Bank head office.png
本店
種類 信用金庫
略称 .comBANK(ドットコムバンク)
本店所在地 日本の旗 日本
780-0822
高知県高知市はりまや町二丁目4番4号
設立 1923年1月25日
(須崎信用組合)
業種 金融業
法人番号 4490005000397
金融機関コード 1881
代表者 山本正男(会長)
山﨑久留美(理事長)
従業員数 293人
(2013年11月1日現在)
外部リンク 高知信用金庫
テンプレートを表示
高知信用金庫のデータ
法人番号 4490005000397
店舗数 31店
(2013年11月1日現在)
貸出金残高 659億円
(2013年3月31日現在)
預金残高 6,153億円
(2013年3月31日現在)
テンプレートを表示

概要編集

預金残高は7,500億円を超え四国の信金では最大。全国的にも有数の規模を誇る。

自己資本比率も近年40%以上を安定して維持するなど経営基盤は盤石だが、その一方で貸出金残高は伸び悩み、預貸率も信金業界の平均水準である5割をはるかに下回る1割以下に過ぎない。貸出金残高だけを取れば、高知県内にあるもう一つの信金で預金残高では当信金の5分の1以下の幡多信金をも下回る(高知信金629億円、幡多信金714億円。2018年度末現在)。収益の大半は債券の運用益に依存しており[1]、安定的な配当収入が見込める九州電力関西電力といった電力会社で大株主(所有議決権数上位10位以内)に名を連ねている。なお、これらの証券投資で得た収益の還元策として、高利回り定期預金「収益還元型定期預金・リターンA」を提供している。

2011年6月には、信金界では初の女性トップとして、山崎久留美が理事長に昇格した[2]

沿革編集

ATMについて編集

金庫のATMは「強力ATM」の愛称を持つ。キャッシュカードの入出金については利用可能な全時間帯において手数料が徴収されない。さらにそれ以外の信用金庫のキャッシュカードによる入出金についてはしんきんATMゼロネットサービスのサービス時間帯に限り同様に手数料が徴収されない[注 1]

脚注編集

[ヘルプ]

編集

  1. ^ 2008年10月1日、信金大阪共同事務センターに加盟する四国内の9信用金庫において、ATM相互入出金手数料を完全無料化したが、高知信金は独自のシステムを採用しているため、参加していない。

出典編集

外部リンク編集