高知大学体育会サッカー部

高知大学体育会サッカー部(こうちだいがく たいいくかい サッカーぶ、英語: Kochi University Football Club)は、高知県高知市にある高知大学サッカー部である。

高知大学体育会サッカー部
原語表記 高知大学体育会サッカー部
呼称 高知大学
クラブカラー    
所属リーグ 四国大学サッカーリーグ
ホームタウン 高知県高知市
ホームスタジアム Kochi University.png高知大学朝倉キャンパス運動場
監督 宮武敢司
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

本項目では、実質的に高知大学体育会サッカー部の社会人登録チームとなっている「KUFC南国」(ケイユーエフシーなんこく)についても記す。

概要・歴史編集

高知市曙町にある朝倉キャンパス内で活動を行っている(医学部のある南国市の岡豊キャンパスには別に「高知大学医学部サッカー部」がある)。

全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)は1973年11月に開催された第22回大会が初出場であるが、初戦(1回戦)で早稲田大学に0-7で大敗した。当時は野球部とグラウンドを共用しており、県の社会人チームに大差で負けることもあった。その後、1978年に読売サッカークラブへの在籍経験も持つ野地照樹が教育学部助手として赴任。野地は以後38年間の永きにわたって指導、全国的に有力な大学サッカー部に育て上げた[1]

インカレでの初勝利は1992年の第41回大会であり(1回戦:大阪商業大学)、同大会ではベスト4に入った。一方の総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントでは2009年の第33回大会で準優勝の成績を収めた[2]

天皇杯全日本サッカー選手権大会は1986年度の第66回大会が初出場であり、4回目の出場となった1996年度の第76回大会宮崎教員戦で天皇杯初勝利を挙げた。2006年の第86回大会の2回戦で当時日本フットボールリーグに所属していたSC鳥取(現:ガイナーレ鳥取)に勝利を収めた。2010年のインカレでは3位に入賞した。

2015年8月、高知県サッカー選手権大会(兼天皇杯全日本サッカー選手権大会高知県予選)で13年連続の優勝を決めた[3]。2015年度の四国大学サッカーリーグで優勝して22年連続の優勝を果たし、11月に行われた中国・四国大学リーグチャンピオンシップでも勝利して3連覇を達成した[4]

2016年3月末で野路が高知大学を定年退官となったことから監督を退いて総監督となり、後任には元ボルシアMGユースコーチ・ハノーファー96スカウトの経歴を持つ川田尚弘(高知大学地域連携推進センター特任助教)がコーチから昇格した[5]

2016年7月31日に行われた第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会高知県代表決定戦では高知ユナイテッドSCに1-2で敗れ、連覇は13で途絶えた。

また高知県社会人サッカーリーグにも参戦していたが、2019年を最後に脱退した。

主な成績・タイトル編集

KUFC南国編集

KUFC南国
原語表記 KUFC南国
呼称 KUFC南国
クラブカラー    
創設年 2016年
所属リーグ 四国サッカーリーグ
ホームタウン 高知県南国市[6]
ホームスタジアム  高知県立春野総合運動公園球技場
 スポーツパークさかわ
 土佐西南大規模公園多目的運動広場
収容人数 1,000(春野球)
1,300(SPさかわ)
代表者   木下雄介
監督   大西徹
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

KUFC南国(ケイユーエフシーなんこく)は、高知大学体育会サッカー部と提携関係にあった高知UトラスターFC(Uトラ、四国リーグ所属)が2016年2月にアイゴッソ高知(アイゴッソ、四国リーグ所属)と統合して高知ユナイテッドSC(高知U)に移行した際、Uトラに参加していた選手の中に「(Jリーグ加盟を目指す高知Uに合流せず)アマチュアの身分で今後も四国リーグでのプレーを続けたい」という選手が多くいたことを受け[7]、その受け皿として2016年3月1日に創設されたクラブである[6]

高知大学体育会サッカー部のOB・現役部員(大学サッカー部との二重登録が出来ないため「移籍加入」扱い)を中心に、Uトラからの合流選手などで構成されている。形式上チーム登録を「Uトラのチーム名変更」とした(高知Uは形式上「アイゴッソのチーム名変更」としている)ため、事実上の新設チームながら高知県リーグを経ずにいきなり四国リーグからの参戦が可能となった[8]

年度別成績・歴代監督編集

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 監督
2016 四国 3位 27 14 9 0 5 36 20 16   日出山亮太
2017 3位 23 14 7 2 5 29 29 0
2018 3位 31 14 10 1 3 48 14 34   中田龍吾
2019 3位 25 14 8 1 5 60 23 37
2020 2位 18 7 6 0 1 26 4 22   大西徹
2021 新型コロナウイルスの影響によりリーグ中止[9]
2022 3位 24 14 7 3 4 27 19 8

所属選手・スタッフ編集

2022年

スタッフ編集

役職 氏名 前職 備考
監督   大西徹 KUFC南国 選手 選手兼任
コーチ   松本健臣 高知大学 選手兼任
  塚本諒 高知ユナイテッドSC 選手 選手兼任
  中山和弥 高知ユナイテッドSC 選手 選手兼任
トレーナー   木下雄介 高知UトラスターFC トレーナー 代表兼任

選手編集

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK 3   福島佑京 高知大学
24   島元理央 高知UトラスターFC
DF 4   岡林仁 松山大学
5   山中誠晃 高知UトラスターFC
6   坂本創 高知大学
11   塚本諒 高知ユナイテッドSC コーチ兼任
22   檀夏色樹 高知ユナイテッドSC
23   山下宏輝 栃木シティFC
27   植田一穂 警視庁サッカー部
29   中山和弥 高知ユナイテッドSC コーチ兼任
MF 8   野村英登 ディアブロッサ高田FC
9   松本健臣 高知大学 コーチ兼任
13   上岡蓮 N.J.
14   三宮康平 松山大学
15   後藤祥基 高知大学
16   沖原大稀 広島修道大学
17   直江勇輝 高知大学
21   片山皓太郎 環太平洋大学
26   三田拓人 大阪商業大学
FW 7   出口晋一郎   高知UトラスターFC
10   大西徹 高知UトラスターFC 監督兼任
18   出井正太郎 高知ユナイテッドSC
19   植田泰郎 高知大学
20   播磨栄治 高知大学
25   戸梶綾成 高知中央高校

ユニフォーム編集

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd) グレー グレー グレー
 
 
 
 
FP 1st
 
 
 
 
FP 2nd
 
 
 
 
GK 1st
 
 
 
 
GK 2nd

クラブカラー編集

  •  

ユニフォームスポンサー編集

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
旭食品株式会社 旭食品 2018年 -
なし - -
背中上部 こさい耳鼻咽喉科 医療法人 創真会
こさい耳鼻咽喉科
2018年 -
背中下部 有限会社白十字薬品 白十字薬品 2018年 -
パンツ なし - -

ユニフォームサプライヤー編集

歴代ユニフォームスポンサー年表編集

年度 背中上部 背中下部 パンツ サプライヤー
2016 FUNTIME - JA馬路村(1st.)
ごっくん馬路村(2nd.)
- - ASICS
2017
2018 旭食品 医療法人 創真会
こさい耳鼻咽喉科
白十字薬品

主な出身選手編集

脚注編集

  1. ^ 「野地照樹さん 高知大学サッカー部監督」 朝日新聞、1992年12月06日、2016年4月1日閲覧
  2. ^ 高知大学サッカー部が第33回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントで準優勝!! (PDF)”. 高知大学 (2012年3月6日). 2016年8月29日閲覧。
  3. ^ サッカー部が13年連続20回目の天皇杯出場を決めました”. 高知大学 (2015年8月24日). 2016年8月29日閲覧。
  4. ^ サッカー部が中国・四国大学リーグ チャンピオンシップで優勝”. 高知大学 (2015年11月16日). 2016年8月29日閲覧。
  5. ^ “高知大サッカー部“全国区”に 野地監督「38年、感無量」 今月から総監督で「最後の仕事」/高知”. 毎日新聞. (2016年4月1日). http://mainichi.jp/articles/20160401/ddl/k39/050/643000c 2016年8月28日閲覧。 
  6. ^ a b KUFC南国 2016年3月26日の投稿 - Facebook
  7. ^ 宇都宮徹壱 (2016年5月17日). “合併した高知は脅威となったのか? FC今治、頂上決戦を2−1で制す”. スポーツナビ. Yahoo! JAPAN. 2016年8月28日閲覧。
  8. ^ 試合日程・結果 (四国リーグ)”. FC今治. 2016年4月1日閲覧。
  9. ^ 中止時点で「5勝1分1敗・得点25・失点7」で暫定3位であった。

関連項目編集

外部リンク編集

高知大学体育会サッカー部

KUFC南国