メインメニューを開く

高等師範学校 (フランス)

パリ高等師範学校フランス語:École normale supérieure、略称 ENS、エコール・ノルマル・シュペリウール)は、フランスパリに所在するPSL研究大学の一校であり、高等教育機関の教員、あるいは研究者を養成している。一学年は300人程度の小規模学校である。

École normale supérieure (Paris)
ENS - PSL.png
École normale supérieure emblem
別名 Normale sup’, ENS Ulm, ENS Paris, ENS.
種別 EPSCP(établissement public à caractère scientifique, culturel et professionnel)
設立年 1794年
President Pierre-Louis Lions[1]
Director Marc Mézard
教員数
1,400
学部生 930 [2]
大学院生 700 [2]
所在地 フランス
パリ5区
スクールカラー 黄、紫
PSL研究大学, グランゼコール
公式サイト ens.fr
テンプレートを表示

現在フランスには、パリ、サクレー、リヨン、レンヌに、合計4校の高等師範学校が存在するが、単に「エコール・ノルマル・シュペリウール」と言えば、パリ5区ユルム通りのパリの高等師範学校(フランス語:École normale supérieure (Paris))を指す[注釈 1]。同校の卒業者はノルマリアンフランス語版(Normalien)と呼ばれる[4]。以下、本記事では同校について記述する。

概要編集

フランス革命期の1794年10月3日国民公会によって教員養成を目的として設立された。その後、1795年5月廃止されるものの、1808年3月17日にナポレオンによって再び設立されることとなり、1847年に現在の所在地であるパリ市内のユルム通りに移転。また、1985年にはパリ近郊のセーヴル女子高等師範学校を吸収合併した。2019年現在、PSL研究大学の一校である[5]。 

これまで「世界大学ランキング」においては組織が小規模であり不利となっていたが、カルチェ・ラタンにある他学校との統合により設立されたPSL研究大学は、2018/2019年、THE世界大学ランキングでは、世界41位(国内1位)となった(東京大学は42位)。 

一学年は300人程度であるが、ノーベル賞受賞者を14人、フィールズ賞受賞者を14人輩出している(フィールズ賞受賞者内訳英語版、2018年まで)。

パリ高等師範学校出身の著名人(抜粋)編集

 
正面入口

括弧内は入学年。

哲学者編集

文学者編集

社会学者編集

数学者編集

経済学者編集

その他の研究者編集

政治家編集

経営者編集

エピソード編集


脚注編集

注釈編集

  1. ^ École normale supérieure の公式サイト https://www.ens.fr には、"École normale supérieure / 45 rue d’Ulm / F-75230 Paris cedex 05" と明記されている[3]

出典編集

  1. ^ Decree of 11 June 2009”. French Ministry of Higher Education. 2014年11月20日閲覧。
  2. ^ a b Faits et chiffres – École normale supérieure – Paris”. Ens.fr. 2014年5月15日閲覧。
  3. ^ École normale supérieure 公式サイト トップページ”. École normale supérieure. 2019年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月18日閲覧。
  4. ^ Portraits de normaliens”. École normale supérieure. 2019年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月18日閲覧。
  5. ^ Members - Schools and institutes | PSL”. . 2019年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月18日閲覧。
  6. ^ シモーヌ・ド・ボーヴォワール『娘時代――ある女の回想』朝吹登水子訳、紀伊國屋書店、1961年(原著1958年)。
  7. ^ 阿部良雄『若いヨーロッパ――パリ留学記』中央公論社〈中公文庫〉、1979年(原著1962年)。ISBN 4-12-200636-8

外部リンク編集