高良 武久(こうら たけひさ、1899年1月18日 - 1996年5月20日)は、日本の医学者精神科医。専門は、性格学森田療法鹿児島県出身。妻高良とみは婦人運動家・参議院議員、娘の高良留美子詩人

1899年、鹿児島県生まれ。旧制鹿児島県立川辺中学校を経て、1924年、九州帝国大学医学部卒業。同大学精神神経科講師を経て、1929年、東京慈恵会医科大学に転任する。同年より東京根岸病院に勤務し、森田正馬に師事して森田療法を継承する。1937年、森田の後を継いで東京慈恵会医科大学教授となる。1940年、入院森田療法の施設である高良興生院を設立し、森田療法による神経(質)症の治療を行う。1964年、東京慈恵会医科大学名誉教授。1996年、その死後高良興生院は閉鎖された。

著作編集

  • 『性格学』(三省堂, 1931)
  • 神経質並に神経衰弱の性格治療』(三省堂, 1933)
  • 『神経質と神経衰弱』(同文館, 1938)
  • 『神経衰弱の本態と其治療』(実業之日本社, 1941)
  • 『子供の精神衛生』(厚徳書院, 1942)
  • 『人間の性格』(青山出版社, 1943)
  • 『人の性格』(北光書房, 1948)
  • 『神経質症の本態と治療~神経衰弱はこうすれば必ず治る~』(興生院出版部, 1950)
  • 『人間の性格~その解剖と改善~』(協立書店, 1951)
  • 『対人恐怖の直し方』(森田正馬共著, 白揚社, 1952)
  • 『赤面恐怖の治し方』(森田正馬共著, 白揚社, 1953)
  • 『神経質者の精神衛生~ノイローゼの本態と予防~』(実業之日本社, 1961)
  • 『ノイローゼの徹底療法』(実業之日本社, 1964)
  • 『森田療法のすすめ~ノイローゼ克服法~』(講談社, 1969)
  • 『生きる知恵~神経質を活かす正しい生活道~』(白揚社, 1972)
  • 『森田精神療法の実際~あるがままの人間学~』(白揚社, 1976)
  • 『どう生きるか~神経質を活かす秘訣~』(白揚社, 1978)
  • 『神経質症と心のからくり~どうすれば“とらわれ"から解放されるか~』(ナツメ社, 1978)
  • 『精神医学者の随想』(ナツメ社, 1983)
  • 『高良武久著作集 全6巻』(白揚社, 1988)
  • 『高良武久詩集』(高良留美子編, 思潮社, 1999)

記念論集編集

  • 高良武久名誉教授就任記念論文集 東京慈恵会医科大学精神神経科教室, 1964

伝記編集

  • 『高良武久森田療法完成への道~不安な時代に生きる知恵~』(岸見勇美著,元就出版社,2013) 

関連項目編集

外部リンク編集