メインメニューを開く

高見 浩(たかみ ひろし、1941年2月19日 - )は、日本の翻訳家。本名・高野紘一。東京生まれ。1965年東京外国語大学マレー・オランダ語科卒。

1965年光文社入社。雑誌「宝石」編集部勤務を経て、1969年退社。フリーの翻訳家になりミステリーを中心に翻訳。スウェーデンのマイ・シューヴァルペール・ヴァールー夫妻のマルティン・ベックシリーズ、ビル・プロンジーニエルモア・レナードトマス・ハリスなどのほか、ヘミングウェイの新訳も出し、ヘミングウェイについては著書が1冊ある。

角川春樹によるとテリー・サザーンキャンディ』の翻訳者の「高杉麟」は、高見のペンネームである[1]

目次

著書編集

  • 『ヘミングウェイの源流を求めて』(飛鳥新社 2002年)

翻訳編集

  • ミッキー・スピレイン『七年目の殺し』早川書房 1970年)
  • カーター・ブラウン『女海賊』早川書房(世界ミステリシリーズ) 1970年)
  • ジョン・ラング『毒蛇商人』(早川書房 1971年 「スネーク・コネクション」河出文庫
  • マイ・シューヴァル、ペール・ヴァールー『バルコニーの男角川文庫 1971年)
  • A.N.ワードスミス『彼女』(二見書房 1971年 のち文庫)
  • ジョン・N.イアヌッツィ『シシリアンディフェンス』(日本リーダーズダイジェスト社 1972年)
  • マイ・シューヴァル、ペール・ヴァールー『笑う警官』角川文庫 1972年)
  • ジェイムズ・カークウッド『良き時悪しき時』(早川書房 1973年)
  • マイクル・ヘイスティングス『妖精たちの森』(角川文庫 1973年)
  • ドン・ペンドルトン『マフィアへの挑戦』全20冊 池央耿共訳、創元推理文庫 1973年-1985年) 
  • マイ・シューヴァル、ペール・ヴァールー『消えた消防車』(角川文庫 1973年)
  • ジム・トンプソンゲッタウェイ』角川文庫 1973年
  • ダリル・ポニクサン『シンデレラ・リバティー』(角川書店 1974年)
  • ジョン・ラング『エデンの妙薬』早川書房 1974年)
  • コリン・ウィルソン『スクールガール殺人事件』新潮社 1975年 のち文庫)
  • マイ・シューヴァル、ペール・ヴァールー『ロゼアンナ』(角川文庫 1975年)
  • マイ・シューヴァル、ペール・ヴァールー『サボイ・ホテルの殺人』(角川書店 1975年 のち文庫)
  • マイ・シューヴァル、ペール・ヴァールー『密室』(角川書店 1976年 のち文庫)
  • マイ・シューヴァル、ペール・ヴァールー『唾棄すべき男』(角川書店 1976年 のち文庫)
  • スティーヴ・ニックマイヤー『殺し屋はサルトルが好き』(ごま書房 1976年 「ストレート」創元推理文庫)
  • ジェイムズ・マクルーア『スティーム・ピッグ』( 早川書房 1977年)
  • マイ・シューヴァル、ペール・ヴァールー『蒸発した男』(角川文庫 1977年)
  • オッレ・ヘーグストランド『マスクのかげに』(TBS出版会 1977年)
  • ビル・プロンジーニ『誘拐』(新潮文庫 1977年)
  • マイ・シューヴァル、ペール・ヴァールー『警官殺し』(角川書店 1978年 のち文庫)
  • ビル・プロンジーニ『失踪』(新潮文庫 1978年)
  • マイ・シューヴァル、ペール・ヴァールー『テロリスト』(角川書店 1979年 のち文庫)
  • バリ・ウッド『殺したくないのに』(集英社 1979年 のち文庫)
  • ディクスン・カー『魔女の隠れ家』創元推理文庫 1979年)
  • ドナルド・A.スタンウッド『エヴァ・ライカーの記憶』(文藝春秋 1979年 のち文庫、創元推理文庫)
  • ビル・プロンジーニ『殺意』(新潮文庫 1980年)
  • ドムニック・キャシオ『最後の一夜』(富士見ロマン文庫 1980年)
  • E.D.ホウク編『今月のペテン師 年刊ミステリ傑作選1977』創元推理文庫 1980年)
  • アナイス・ニン『デルタ・オヴ・ヴィーナス』杉崎和子共訳 二見書房 1980年)
  • スティーヴン・シェパード『ザ・400』(角川書店 1981年 「イングランド銀行をカモれ」文庫)
  • ビル・プロンジーニ『死角』(新潮文庫 1981年)
  • ディヴィッド・リピンコット『クレムリン戦慄の五日間』(創元推理文庫 1982年)
  • ピート・ハミル『ニューヨーク・スケッチブック』河出書房新社 1982年 のち文庫)
  • ペール・ヴァールー『爆破予告』(角川文庫 1982年)
  • スティーヴン・L.トンプスン『A-10奪還チーム出動せよ』(新潮文庫 1982年)のちハヤカワ文庫 
  • ピート・ハミル『マンハッタン・ブルース』(創元推理文庫 1983年)
  • ジョン・ガードナー『スペクターの逆襲』(新ジェイムズ・ボンド・シリーズ) 文藝春秋 1983年 のち文庫)
  • ジョン・ガードナー『メルトダウン作戦』(新ジェイムズ・ボンド・シリーズ) 文藝春秋 1983年 のち文庫)
  • ビル・プロンジーニ『脅迫』(新潮文庫 1983年)
  • スティーヴン・L.トンプスン『サムソン奪還指令』(新潮文庫 1983年)
  • ビル・プロンジーニ『名無しの探偵事件ファイル』(新潮文庫 1984年)
  • クレイグ・ブロード『テクノストレス』(池央耿共訳 新潮社 1984年)
  • ジョン・セジウィック『ナイト・ヴィジョン 私立探偵ギル・ルイスは語る』(河出書房新社 1985年)
  • ビル・プロンジーニ『復讐』(新潮文庫 1985年)
  • ジョー・ゴアズ『野獣の血』(角川文庫 1985年)
  • ジェイムズ・メルヴィル『ロンドン警視庁特派捜査官 消えたスチュワーデス』(光文社文庫 1985年)
  • ジョン・ガードナー『アイスブレーカー』(文春文庫 1985年)
  • グスタフ・ハスフォード『フルメタル・ジャケット』(角川文庫 1986年)
  • カール・セーガン『コンタクト』池央耿共訳 新潮社 1986年 のち文庫)
  • エルモア・レナード『グリッツ』(文藝春秋 1986年 のち文庫)
  • スティーヴン・L.トンプスン『鉄血作戦を阻止せよ』(新潮文庫 1986年)
  • エルモア・レナード『スティック』(文春文庫 1986年)
  • レックス・スタウト『ネロ・ウルフ対FBI』光文社文庫 1986年)
  • エルモア・レナード『野獣の街』(創元推理文庫 1987年)
  • デイヴィッド・リンジー『噛みついた女 ヒューストン連続殺人』(新潮文庫 1987年)
  • H.F.セイント『透明人間の告白』(新潮社 1988 のち文庫、河出文庫 
  • エルモア・レナード『バンディッツ』(文藝春秋 1988年)
  • ニューヨーク・タイムズ編『ニューヨーク・ガイドブック 「NYタイムズ」が個性派の旅人に贈る』井上一馬共訳 河出書房新社 1988年)
  • エルモア・レナード『フリーキー・ディーキー』(文藝春秋 1989年)
  • デイヴィッド・ウィルツ『結婚式の客』(新潮文庫 1989年)
  • トム・ロビンズ『香水ジルバ』(新潮社、1989年)
  • リチャード・フォード『ロック・スプリングズ』(河出書房新社 1990年)
  • スティーヴン・クーンツ『ファイナル・フライト』新潮文庫 1990年)
  • ピート・ハミル『東京スケッチブック』(新潮社 1991年 のち文庫)
  • アリス・アダムズ『名残りの薔薇』(飛田茂雄共訳 新潮社 1991年)
  • IBMの息子 トーマス・J・ワトソン・ジュニア自伝』(新潮社 1991年)
  • ピート・ハミル『アメリカン・ジャーナル』(青木書店 1991年)
  • ピート・ハミル『血の胸飾り』(創元推理文庫 1991年)
  • ピート・ハミル『愛しい女』(河出書房新社 1991年 のち文庫)
  • エルモア・レナード『キルショット』(文藝春秋 1992年)
  • スティーヴン・L.トンプスン『上空からの脅迫』(新潮文庫 1992年)
  • エルモア・レナード『スワッグ』(文春文庫 1993年)
  • アーネスト・ヘミングウェイ『何を見ても何かを思いだす』(新潮社 1993年 のち文庫)
  • エルモア・レナード『スプリット・イメージ』(創元推理文庫 1993年)
  • ピート・ハミル『アメリカ・ライフル協会を撃て』集英社 1994年)
  • ジョン・リーランド『ヘミングウェイと歩くパリ』(新潮社 1994年)
  • エルモア・レナード『ミスター・マジェスティック』(文春文庫 1994年)
  • エルモア・レナード『プロント』(角川書店 1994年 のち文庫)
  • 『われらの時代・男だけの世界』(ヘミングウェイ全短篇1 新潮文庫 1995年)
  • エルモア・レナード『追われる男』(文春文庫 1995年)
  • リチャード・プレストン『ホット・ゾーン』(飛鳥新社 1995年 のち小学館文庫)
  • エルモア・レナード『ゲット・ショーティ』(角川文庫 1996年)
  • パトリック・リンチ『キャリアーズ』(飛鳥新社、1996年)
  • 『勝者に報酬はない・キリマンジャロの雪』(ヘミングウェイ全短篇2 新潮文庫 1996年)
  • 『蝶々と戦車・何を見ても何かを思いだす』(ヘミングウェイ全短篇3 新潮文庫 1997年)
  • アグネス・フォン・クロウスキー、アーネスト・ヘミングウェイ『ラブ・アンド・ウォー 第一次大戦のヘミングウェイ』(新潮文庫 1997年)
  • ディクスン・カー『ヴァンパイアの塔』(大村美根子、深町眞理子共訳 創元推理文庫 1998年)
  • エルモア・レナード『ラム・パンチ』(角川文庫 1998年)
  • リチャード・プレストン『コブラの眼』(飛鳥新社 1998年)
  • ピート・ハミル『ドリンキング・ライフ』(新潮社 1999年)
  • スタンリー・ポティンジャー『第四の母胎』(新潮社 1999年)
  • アーネスト・ヘミングウェイ『日はまた昇る』(角川春樹事務所 2000年)のち新潮文庫
  • アニータ・シュリーヴ『パイロットの妻』(新潮社 2001年 のち文庫)
  • オットー・ペンズラー『殺さずにはいられない 2』(ハヤカワ・ミステリ文庫 2002年)
  • エルモア・レナード『アウト・オブ・サイト』(角川文庫 2002年)
  • パトリック・リンチ『感染者』(飛鳥新社、2002年)
  • トマス・ハリスレッド・ドラゴン シナリオ・ブック』新潮文庫 2003年)
  • ピート・ハミル『天国の銃弾』(創元推理文庫 2003年)
  • デーヴィッド・H.ローウェンハーツ『天才たちのラヴレター 世界史を彩った50人愛の告白』(光文社 2004年)
  • アニータ・シュリーヴ『いつか、どこかで』(新潮社 2004年)
  • エルモア・レナード『ビー・クール』(小学館文庫 2005年)
  • エルモア・レナード『ママ、大変、うちにコヨーテがいるよ!』(角川書店 2005年)
  • ヘミングウェイ『武器よさらば』(新潮文庫 2006年)
  • 『先駆の才トーマス・ワトソン・ジュニア IBMを再設計した男』(トーマス・ワトソン・ジュニア、ピーター・ピーター ダイヤモンド社 2006年)
  • トマス・ハリス『ハンニバル・ライジング』(新潮文庫 2007年)
  • エルモア・レナード『キューバ・リブレ』(小学館文庫 2007年)
  • エルモア・レナード『ホット・キッド』(小学館文庫 2008年)
  • エルモア・レナード『キルショット』(小学館文庫 2008年)
  • ヘミングウェイ『移動祝祭日』(新潮文庫、2009年)
  • タチアナ・ド・ロネ『サラの鍵』新潮社 2010
  • チャールズ・マケイン『猛き海狼』新潮文庫 2010
  • ジョン・ベレント『ヴェネツィアが燃えた日 世界一美しい街の、世界一怪しい人々』光文社 2010
  • マット・バグリオ『ザ・ライト エクソシストの真実』小学館文庫 2011
  • トマス・ハリス『羊たちの沈黙』(新潮文庫 2012(新訳))
  • マーク・カーランスキー著 フランク・ストックトン イラスト『魚のいない世界』飛鳥新社 ポピュラーサイエンス 2012
  • デヴィッド・ギルモア『父と息子のフィルム・クラブ』新潮社 2012
  • ポーラ・マクレイン『ヘミングウェイの妻』新潮社 2013
  • ジョーン・G・ロビンソン思い出のマーニー』新潮文庫 2014
  • エリザベス・トーヴァ・ベイリー『カタツムリが食べる音』飛鳥新社 2014
  • デイヴ・アイセイ『9.11ビル崩壊のさなかに夫婦が交わした最後の言葉 本当にあった37の愛のかたち』河出書房新社 2014
  • グレン・フランクル『捜索者 西部劇の金字塔とアメリカ神話の創生』新潮社 2015
  • ジル・シメント『眺めのいい部屋売ります』小学館文庫 2015
  • スティーヴ・ジェンキンズ/デレク・ウォルター『エスター、幸せを運ぶブタ』飛鳥新社 2016.7
  • ヘミングウェイ『誰がために鐘は鳴る』新潮文庫 2018.3

参考文献編集

  • 日外アソシエーツ人物情報

脚注編集

  1. ^ 『本の雑誌』2015年10月号。坪内祐三による角川春樹インタビュー