高調波(こうちょうは)とは、ある周波数成分をもつ波動に対して、その整数倍の高次の周波数成分のことである。音楽および音響工学分野では倍音と呼ぶ。

元々の周波数を基本波、2倍の周波数(2分の1の波長)を持つものを第2高調波、さらに n 倍の周波数(n 分の1の波長)を持つものを第 n 高調波と呼ぶ。

無線工学編集

無線通信などの発振回路で、必要な周波数の1/nの基本波の発振(原発振、略して原発とも)から、意図的に歪み特性を持った回路を通して、高調波として目的の周波数の信号を発生させることを(周波数)逓倍(frequency) multiplication)と言う(PLLによってn倍の周波数の信号を得ることも逓倍と言う)。

無線工学では、無線機から送信する電波に混じる目的の信号以外の、主に高調波(および低調波)からなる成分をスプリアスと呼ぶ。スプリアスの強度は電波法により制限されている。通常スペクトラムアナライザを使って計測する。

機械工学編集

機械工学でも、例えばシンプルな平歯車や直歯傘歯車の場合に噛み合い振動(回転数×歯数)の他にその高調波が発生する。それらを減らすためには平歯車の場合は斜歯歯車や山歯歯車を用い、傘歯車の場合は斜歯傘歯車や曲歯傘歯車、ハイポイドギヤが用いられる。又、例えば歯に損傷がある場合などは回転数に依存した大きな振動とその高調波が異常振動として発生する事がある。その他歯車以外でも例えば蒸気機関や内燃機関等のリンク機構の類では支持部がリンクの振動と共振し高調波が発生したり、あるいは歯車でない高速回転体でも軸周りで共振し高調波が出ることがある。[1]

対語編集

  • 低調波 - ある周波数成分をもつ波動に対して、その整数分の1の周波数成分のことである。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 振動の世界 東京文映製作 - YouTube”. www.youtube.com. 2020年12月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集