高谷 玲子(たかや れいこ、1939年3月1日 - 1965年2月11日)は、作家。 東京都立上野高等学校荒川分校卒業。葛飾区立双葉中学校在学時に国語担当の教師の指導を受けて才能を見いだされ、さまざまな作文コンクールで入賞、文学の道を志す。23歳のとき、中学三年から少しずつ書きためた『静かに自習せよ』でデビューする。デビュー直前にガンが発覚するも、手術で治癒し、小説や短歌[1]などの執筆活動を続ける。しかし第二作『涙で顔を洗おう』執筆終了後、再発したガンに侵され、刊行直前に25歳で死去した。その後、遺稿が編集者により整理され[2]、第三作『悲しからずや』が刊行された[3]。また、中学三年時から逝去に至るまでの日記が編集者の手により整理され、母親の手記で補足の上、1968年に『君がまぼろし 死にいたる手記』として刊行されている。1974年『静かに自習せよ』は『マリコ』の題でNHK少年ドラマ化された。

経歴編集

著書編集

  • 静かに自習せよ 秋元書房 1962 のち文庫、2018年Kindle版として再版(彼誰文庫)。
  • 涙で顔を洗おう 秋元書房 1965 のち文庫、2018年Kindle版として再版(彼誰文庫)。
  • 悲しからずや 秋元書房 1965
  • 君がまぼろし 死にいたる手記 有本露子編 秋元書房, 1968

脚注編集

  1. ^ 歌誌『歩道』などで短歌を発表している。
  2. ^ 『悲しからずや』の編集者による後記による。
  3. ^ 『君がまぼろし 死にいたる手記』によれば、『二月の風』という作品が秋元書房に提出されたが、刊行に至らなかったという。
  4. ^ 教員の異動に関して事件が起き、生徒会長であった姉と共に転校したという。

外部リンク編集