メインメニューを開く

高速爆発抑制剤散布装置(こうそくばくはつよくせいざいさんぷそうち)とはガス爆発粉塵爆発が予想される鉱山工場などで粉塵爆発を防止するために設置される特殊な自動消火装置の一種である。

これを軍用に転用したサーモバリック兵器を中和するアクティブ防御装置がある。

粉塵爆発が起きる可能性が高い場所に設置する固定式の自動装置で、爆発を感知する圧力センサーと燃焼抑制剤を高速で散布する散布装置から構成されている。

粉塵爆発が発生すると初期の圧力上昇が始まった瞬間に空気中に粉末やガスの燃焼抑制剤を高速で散布して、粉塵爆発を止めてしまうことで爆発事故を未然に防ぐための装置である。

粉塵爆発が発生すると50ミリ秒でセンサーが働き70ミリ秒で燃焼抑制剤の散布を完了する。粉塵爆発の圧力上昇曲線は固体爆薬などに比べてゆっくりであり、爆圧が最大になるまでに160ミリ秒~200ミリ秒の時間を要する、圧力が10キロパスカルを越える80ミリ秒前後になる前に爆発を検出して爆燃を抑制してしまうことで被害を防止する。

爆発を検出すると1ミリ秒以下で起爆する電気雷管で放出口を開き、燃焼抑制剤を加圧窒素や爆薬の力で15m/s以上の速度で散布する。燃焼抑制剤には重炭酸ナトリウムなどを使用する。

これと全く同じ原理で燃料気化爆弾サーモバリック爆薬を不発化するための防御装置が研究されている。