メインメニューを開く

高遠ダム(たかとおダム)は、長野県伊那市高遠町天竜川水系三峰川に建設されたダム。高さ30.9メートルの重力式コンクリートダムで、灌漑発電を目的とする、長野県営多目的ダムである[2]長野県企業局水力発電所春近発電所(はるちかはつでんしょ)・高遠さくら発電所(たかとおさくらはつでんしょ)に送水し、合計最大2万3,799キロワット電力を発生する。ダム湖(人造湖)の名は高遠湖(たかとおこ)という(ダム湖百選)。

高遠ダム
高遠ダム
左岸所在地 長野県伊那市高遠町勝間
右岸所在地 長野県伊那市高遠町東高遠花畑
位置
河川 天竜川水系三峰川
ダム湖 高遠湖【ダム湖百選
ダム諸元
ダム型式 重力式コンクリートダム
堤高 30.90 m
堤頂長 76.10 m
堤体積 21,970
流域面積 438.4 km²
湛水面積 24 ha
総貯水容量 2,310,000 m³
有効貯水容量 500,000 m³
利用目的 灌漑発電
事業主体 長野県企業局
電気事業者 長野県企業局
発電所名
(認可出力)
春近発電所 (23,600kW)
高遠さくら発電所 (199kW)
施工業者 株木建設
着手年/竣工年 1957年/1958年
出典 [1]
テンプレートを表示

歴史編集

建設省(現・国土交通省中部地方整備局)は、三峰川の河川総合開発事業の一環として、1952年昭和27年)より美和ダムの建設に着手した。それと同時期に、長野県も美和ダム建設予定地の下流に高遠ダムの建設を計画した。美和ダムと同時進行で建設が進められた高遠ダムは、1958年(昭和33年)に美和ダムよりも一足早く完成した。

 
高遠湖(上)と美和湖(下)

周辺編集

高遠ダム周辺一帯は、ダム湖である高遠湖や、上流の美和ダム(美和湖)とともに三峰川水系県立自然公園に指定されている。2005年(平成17年)には高遠町(現・伊那市)の推薦により、高遠湖ならびに美和湖がダム湖百選に選ばれた。ダム右岸には名城・高遠城がある。高遠城址公園に通じる橋から高遠湖全景を見渡すことができるほか、湖畔にはホテルなどが建ち、観光地となっている。の名所としても有名であり、中央自動車道伊那インターチェンジから国道361号を東へ進む道は、になると相当の混雑振りを見せる。

高遠湖の水は、ダムから約10.6キロメートル離れた場所にあるダム水路式水力発電所・春近発電所に送水されている。発電用水車に立軸フランシス水車を採用し、1958年7月14日に運転を開始した。最大19.0立方メートル毎秒の水を取り入れ、最大有効落差151.80メートルを得て、最大2万3,600キロワットの電力を発生する[3]

2017年(平成29年)4月1日、高遠ダムからの河川維持放流水を活用したダム式水力発電所・高遠さくら発電所が運転を開始した。発電用水車に横軸フランシス水車を採用。最大1.10立方メートル毎秒の水を取り入れ、最大有効落差23.0メートルを得て、最大199キロワットの電力を発生する[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 左岸・右岸所在地は「ダム湖百選」、堤高・堤頂長・堤体積・総貯水容量・有効貯水容量は「水力発電所データベース」、その他は「ダム便覧」による(2019年10月13日閲覧)。
  2. ^ ただし、洪水調節機能がないため補助多目的ダムには該当しない。
  3. ^ 美和・春近発電所”. 長野県 (2019年3月5日). 2019年10月13日閲覧。
  4. ^ 高遠さくら発電所”. 長野県 (2019年3月25日). 2019年10月13日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集