メインメニューを開く

高野 ムツオ(たかの ムツオ、1947年7月14日 - )は、宮城県出身の俳人。本名は高野睦夫。金子兜太の「海程」所属を経て佐藤鬼房に師事、鬼房の跡を継ぎ現「小熊座」主宰。

目次

経歴編集

岩ケ崎町(現栗原市)に生まれる。栗駒町立岩ヶ崎中学校、宮城県古川工業高等学校を経て、國學院大學文学部文学科を卒業。小学生のころより父に連れられて句会や吟行会に参加。10歳のころ、初の投句が句会で来町していた阿部みどり女の選に入る。中学時代には『河北新報』のみどり女選の俳句欄に投句、高校時代よりみどり女主宰の俳誌「駒草」に投句した。神奈川県地方公務員として勤務する傍ら、国学院の夜間部では俳句研究会に入会し機関誌を発行。また金子兜太の「海程」に入会し同神奈川支部にも出入りする。

大学卒業後は仙台で中学校の国語科教諭として勤務。1972年、海程新人賞準賞を受賞。1985年、佐藤鬼房の「小熊座」が創刊され、翌年より校正に携わる。1987年、金子兜太の勧めにより第一句集『陽炎の家』を出版。1988年、第24回海程賞を受賞。1993年、第二句集『烏柱』出版。1994年、宮城県芸術選奨、第44回現代俳句協会賞を受賞。2002年の佐藤鬼房の逝去ののち「小熊座」を主宰。

2007年に咽頭癌手術を経験、2011年に東日本大震災に直面し、以降積極的に震災詠を作る。2013年、「四肢へ地震ただ轟轟と轟轟と」「車にも仰臥という死春の月」「みちのくの今年の桜すべて供花」など、震災詠を多数含む第五句集『萬の翅』を上梓。同句集により第65回読売文学賞(詩歌俳句賞)、第6回小野市詩歌文学賞、第48回蛇笏賞受賞。蛇笏賞は戦後生まれ初の受賞者。また深見けん二『菫濃く』と同時受賞であり、2作受賞は31年ぶりとなる[1]

その他の句集に『雲雀の血』(1996年)、『蟲の王』(2003年)がある。俳句研究賞選考委員、角川俳句賞選考委員、河北俳壇選者などを務める。

著書編集

  • 陽炎の家(1987年)
  • 烏柱(1993年)
  • 雲雀の血(ふらんす堂〈21世紀俳人シリーズ〉、1996年)
  • 蟲の王(角川書店〈小熊座叢書 69>、2003年)
  • 萬の翅(角川学芸出版、2013年)
  • 高野ムツオ集(邑書林〈セレクション俳人 10〉、2007年)
  • NHK俳句 大人のための俳句鑑賞読本 時代を生きた名句(NHK出版、2012年)
  • 語り継ぐいのちの俳句 - 3・11以後のまなざし(朔出版、2018年10月)

脚注編集

参考文献編集

  • 高野ムツオ 『高野ムツオ集』 邑書林、2007年。(小熊座HPに略歴の転載あり[1]

外部リンク編集