高野紙(こうやがみ)は紀州高野紙あるいは古沢紙とも呼ばれる。和歌山県九度山町高野町で古くから作られていた和紙で、高野紙十郷と呼ばれる村でしか生産されていなかったといわれる。高野十郷は、現在の九度山町笠木、上古沢、中古沢、下古沢、椎出、河根、東郷の七村と高野町西郷、西細川、東細川の三村で[1]南海高野線沿線あるいは不動谷川流域地域にあたる。地域ごとに古沢紙、細川紙、河根紙といった細分呼称もあり[2]、サイズ等若干の相違も見られるが、総称として高野紙または紀州高野紙と呼ぶ。一時は職人がほとんどいなくなり存続さえも危ぶまれたが、一人の女性が受け継いでいる。[3] 

歴史編集

高野紙の起源については二つの説話が残されている。一つは、伊都郡かつらぎ町新城に「楮(かご)の森丹生明神(丹生都比売(にゅうずひめ))の祭祀(さいし)が、楮の栽培と利用を教えた」というもの。もう一つは弘法大師が古佐布荘(九度山町古沢)で「紙の製法を教えた」というものである。[4] 鎌倉時代初期には、高野山の経典の印刷用紙や経巻の書写用紙に使用。活字印刷が進んだ明治時代以降になると、紙の目が粗いため出版用紙に使われなくなったが、丈夫な厚紙なので、紙、障子紙、合羽、紙袋、提灯などに使用された。[5]

埼玉県比企郡小川町で生産される細川紙は、高野山で修行した僧が細川というところで技術を習得し、故郷に伝えたと伝承され、道具、製法がきわめてよく似ている。2014年には細川紙がユネスコ無形文化遺産に登録されている。

古澤厳島神社等で和紙づくりの繁栄を祈念する祭事「えびすのお渡り」等が伝わっている[6]

高野紙の生産工程編集

楮(こうぞ)の採取編集

2~3年生のの葉の落ちたものから刈り取る。長さ1~1.2mにそろえて日陰に置き、乾燥しすぎないように保管する。

蒸す編集

使う前に1晩水に浸け柔らかくする。大きな窯に水をいれ、その中に楮をたて、上から楮蒸し桶をかぶせて2~3時間蒸す。

皮むき編集

ふかし終えた楮は温かいうちに皮をむく。外皮の黒皮と緑色のあま皮を小刀で削り、白皮にする。

煮る編集

皮むきした白皮を川に運び浸ける。大釜に水と煮熟剤としてソーダ灰(大正時代以前は木灰)を入れて煮沸させる。沸騰したら楮の皮をいれ、全体が煮えたら(1時間程度)止める。煮た楮の皮は灰汁をしぼる。

叩き解す編集

煮た楮を充分に水切りし、棒で打ち続ける。強く打ってむやみに叩き切るのではなく、繊維の束をほぐすように打つ。

漉く編集

水を張った漉き舟に叩き解した楮を入れ、トロロアオイの粘液を加えてさらにかき混ぜる。紙と桁を使って3回ほどすくい取る。

干す編集

干し板に刷毛を使わず、紙の縁を指先で擦って押さえる。天日で乾燥させる。

紀州高野紙伝承体験資料館紙遊苑編集

九度山町「勝利寺」の境内にある紀州高野紙伝承体験資料館。先代の住職の住居で、天皇・上皇の高野山参詣の宿泊所にもなっていた建物。改修の後、1999年に「紙遊苑」として開館し、高野紙の紙漉き体験ができる。

南海高野線九度山駅から徒歩約30分(約1.5km)、またはJR西日本和歌山線高野口駅から徒歩約40分(約3.0km)。

参考文献編集

  1. ^ 空海伝説の和紙・高野紙”. 2020年1月11日閲覧。
  2. ^ 高野山(和歌山県)「和紙の会」レポート”. 2020年1月17日閲覧。
  3. ^ 世界遺産「和紙」のルーツは高野山にあり”. 2020年1月11日閲覧。
  4. ^ 高野紙(こうやがみ)”. 2020年1月11日閲覧。
  5. ^ 空海伝説の和紙・高野紙”. 2020年1月11日閲覧。
  6. ^ 和歌山放送ニュース”. 2020年1月17日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集