メインメニューを開く

高野 隆(たかの たかし、1956年9月30日 -)は日本の弁護士第二東京弁護士会所属。刑事弁護人として数々の無罪判決を獲得している。元早稲田大学 大学院法務研究科 教授日弁連裁判員制度実施本部・公判弁護技術に関するプロジェクトチーム座長、ミランダの会元代表。東京法廷技術アカデミー インストラクター。

人物編集

早稲田大学法学部サザンメソジスト大学ロースクール(LL.M.)出身[1]

後述の通り、刑事事件の弁護士として名高い。若手時代にアメリカに留学し、憲法、刑事手続法、証拠法などを学んだため、英会話に堪能である。現在では指導者として、若手弁護士を対象とした弁護技術の研修活動にも積極的に携わっている。

三大刑事弁護人編集

刑事弁護の業界では、神山啓史後藤貞人と共に三大刑事弁護人の一人として広く認知されている[2]。 特に3人の中でも高野は、本職の刑事弁護以外に法曹教育についても力を入れており、早稲田大学 大学院法務研究科では設立時から教鞭をとっていた。刑事弁護の世界では、趙誠峰などの高野の弟子たちは、高野チルドレンと呼ばれている。

過去の担当事件編集

著作・翻訳編集

  • 『ケースブック刑事証拠法』現代人文社、2008年10月
  • キース・エヴァンス(著)、高野隆(翻訳)『弁護のゴールデンルール』現代人文社、2000年4月。ISBN 978-4906531974

脚注編集

外部リンク編集