高階師尚
時代 平安時代前期
生誕 貞観6年(864年)?
死没 延喜16年7月23日916年8月24日)?[1]
官位 従四位上右中将
氏族 高階氏
父母 父:高階茂範、母:藤原棟行娘
良臣
テンプレートを表示

高階 師尚(たかしな の もろなお)は、平安時代前期の貴族下野守・高階茂範の子。官位従四位上右中将

経歴編集

伊勢物語』の解釈を典拠として、在原業平斎宮恬子内親王の密通によって生まれ、その事実を隠蔽するため、伊勢権守神祇伯であった高階峯緒が師尚を引き取り、その息子茂範の養子としたとの風説が古くからあり、後世の各種系図上にも実父は在原業平である旨の記載がある[2]。しかしながら、あくまでも伝承の域を出ず、詳細は不明である。

系譜編集

  • 父:高階茂範
  • 母:藤原棟行の娘
  • 妻:橘澄清の娘[3]
    • 男子:高階良臣(898-980)

脚注編集

  1. ^ 『彦部家譜』 内題 高階朝臣彦部氏系図(宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会,1986年 による)。ただし、天慶5年(942年)4月に正五位下への叙位記録があり(『本朝世紀』)、矛盾がある。
  2. ^ 尊卑分脈』、「高階氏系図」(『群書類従』巻第63所収)、「高階氏系図」(『続群書類従』巻第174所収)、『本朝皇胤紹運録』等
  3. ^ 前田本『日本帝皇系図』(赤坂[2017: 18])

参考文献編集

赤坂恒明「前田本『日本帝皇系図』について」『埼玉学園大学紀要人間学部篇 第17号』埼玉学園大学、2017年