メインメニューを開く

高階成忠

日本の平安時代の貴族

高階 成忠(たかしな の なりただ、延長元年(923年) - 長徳4年7月7日998年8月1日))は、平安時代中期の公卿は真人のち朝臣。宮内卿高階良臣の子。官位従二位式部大輔高二位と称す。

目次

経歴編集

文章生から、大内記大学頭大和宮内卿などを歴任する一方、春宮・懐仁親王の東宮学士を務める。寛和2年(986年)懐仁親王の即位(一条天皇)に伴い、東宮学士の労により従四位上から従三位に叙せられ、高階氏として初めて公卿に列した。正暦元年(990年)娘の貴子摂政藤原道隆との間の娘である藤原定子が一条天皇の中宮に冊立されたことから、翌正暦2年(991年)7月に従二位に叙せられ、同年9月には真人から朝臣へ改姓した。同年10月出家法名を道観と称す。

人物編集

非常に学才が高かったが、性格が普通でなく気味が悪く恐ろしげで、人々から厭わしがられていたという[1]

娘・貴子のところに通っていた道隆を垣間見て、必ず出世する器と予見したという逸話がある[2]

官歴編集

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b 『栄花物語』巻第三,さまざまのよろこび
  2. ^ 古今著聞集

関連項目編集