高雄海軍航空隊(たかおかいぐんこうくうたい)は、日本海軍の部隊の一つ。木更津海軍航空隊鹿屋海軍航空隊に続く3番目の陸上攻撃機部隊として、日華事変中盤から大東亜戦争後期にかけて爆撃・攻撃・偵察行動に従事した。1942年(昭和17年)10月1日に第七五三海軍航空隊(だい753かいぐんこうくうたい)と改称した。1944年(昭和19年)7月に解隊。

なお、高雄空の原隊である台湾高雄飛行場には、練成航空隊として高雄海軍航空隊(二代)第二高雄海軍航空隊が設置されたので、本稿にて合わせて述べる。

沿革編集

かつて北海事件の際に、海軍は陸軍屏東飛行場を間借りし、日華事変勃発後の渡洋爆撃の際には台中飛行場を活用したが、台湾を基地とする陸上攻撃機隊の設置を急いだ。そこで開かれたのが第三の陸攻隊である高雄空である。開隊直後に実戦投入され、華南方面の戦略攻撃に用いられた。大東亜戦争(第二次世界大戦)中はもっぱら東インドネシアに常駐し、オーストラリアの要衝ダーウィンへの遠距離爆撃に従事した。本隊をラバウルに移動していない数少ない陸攻隊でもある。

  • 昭和12年(1937年)
12月28日 高雄海軍航空隊(仮称)設立準備委員事務所を高雄海軍通信隊内に設置[1]
  • 昭和13年(1938年)
4月1日 開隊。第二連合航空隊に編入。
5月10日 三灶島飛行場竣工、14機で進出。
4月27日 福州を9機で爆撃。
6月28日 南昌攻略作戦の陽動として吉安を爆撃。
9月13日 柳州を爆撃。
9月17日 桂林を爆撃。
9月28日 昆明を爆撃。
10月14日 広東攻略作戦を支援。
  • 昭和14年(1939年)
6月18日 汕頭攻略作戦を支援。
  • 昭和15年(1940年)
1月1日 高雄に帰還。再編に従事。
5月1日 第一連合航空隊に編入。
11月15日 仏印進出作戦に参加、ハノイに進出。
  • 昭和16年(1941年)
2月28日 海南島三亜に撤退。
4月1日 3機を抽出し、第三航空隊を新編。
4月10日 第十一航空艦隊第二十三航空戦隊を新編。
7月25日 一式陸上攻撃機初調達、漢口に進出。
7月27日 成都を空襲し、一式陸攻デビュー。
9月1日 高雄に帰還。
12月8日 太平洋戦争勃発。ルソン島イバ飛行場を27機で爆撃。

        以後、1月24日までにニコルス飛行場・イロイロ飛行場・マニラ湾停泊船舶・コレヒドール要塞を渡洋爆撃。

  • 昭和17年(1942年)
1月2日 南比ホロ島に進出、陸軍のバターン半島・コレヒドール島攻略を爆撃支援。
4月3日 バターン半島総攻撃を支援。
4月20日 ティモール島クーパン飛行場に進出。

         ダーウィンへの爆撃を開始するが、連合軍の反撃によりクーパン進出を断念。

4月25日 往路ダーウィン爆撃・復路ケンダリ撤退第一陣出撃。27日・29日の三波で撤退完遂。
6月13日 クーパンに再進出、27日に27機でダーウィンを爆撃しケンダリに撤退。
7月下旬 アル諸島・ケイ諸島・タニンバル諸島攻略作戦にともないクーパンに進出。
7月25日 30日まで連日ダーウィンを爆撃。
9月7日 陸攻18機をラバウルに派遣。

         本隊はケンダリ・クーパンに残留し、哨戒に従事。

10月1日「第七五三海軍航空隊」に改称[2][3]
12月28日 ニューギニアバボ飛行場に進出。30日メラウケを爆撃し、1月1日ケンダリに帰還。
  • 昭和18年(1943年)
3月2日 ダーウィン爆撃を再開。
4月24日 ケンダリにB-24が9機襲来、陸攻4機喪失。
5月2日 ダーウィンに反撃爆撃。
5月7日 バボに再進出。10月まで断続的にミリンギンビ・ブロックスクリークを爆撃。
10月11日 イギリス東洋艦隊接近の誤報。スマトラ島サバン飛行場・パダン飛行場に哨戒隊を派遣。
11月12日 内南洋に分遣隊進出。
  • 昭和19年(1944年)
1月21日 全機ケンダリ出撃、テニアン島に転進。10機をトラック諸島に派遣。
2月17日 トラック島大空襲。トラック派遣隊全機喪失。テニアン本隊はトラックに進出。
2月23日 マリアナ諸島大空襲。敵機動部隊の索敵に出撃。
5月3日 「あ号作戦」発令、ハルマヘラ島ワシレ飛行場に進出。
5月27日 「第一次渾作戦」発令、ビアク島に連日出撃。
6月5日 「第二次渾作戦」発令、稼動機払底。
7月10日 解隊。

内南洋の空襲を幸運にもかわした七五三空だが、ニューギニア戦線での消耗が激しく、フィリピン戦線への転進もままならない状況に陥っていた。解散後は乙飛行隊の濠北海軍航空隊地上要員に取り込まれたが、濠北空も終戦まで持たず、1945年(昭和20年)5月に解散している。

主力機種編集

歴代司令編集

  • 石井芸江 大佐:1938年4月1日 - 1938年12月15日[4]
  • 安藤栄城 大佐:1938年12月15日 - 1939年11月15日[5]
  • 菊池朝三 大佐:1939年11月15日 - 1940年11月1日[6]
  • 田口太郎 中佐:1940年11月1日 - 1941年6月25日[7]
  • 伊藤良秋 大佐:1941年6月25日 -
  • 久邇宮朝融王 大佐:1942年3月20日 - 第七五三海軍航空隊司令 1942年10月1日 - 1942年10月5日[8]
  • 梅谷薫 大佐:1942年10月5日 - 1944年7月10日解隊

高雄海軍航空隊(二代)編集

多数の飛行練習生の練成を図るために増設された中間・慣熟練航空隊のひとつで、初代高雄空が番号に切り替わったのと入れ替わりに編成された。練習航空隊ではあったが、教材の零式艦上戦闘機九六式陸上攻撃機を用いた台湾周辺の対潜哨戒任務も兼任していた。

  • 昭和17年(1942年)11月1日 開隊。第十四連合航空隊に編入。
  • 昭和18年(1943年)9月頃  予科練特乙1期入隊。
    • 11月頃  特乙2期入隊。
  • 昭和19年(1944年)5月15日 台中分遣隊を設置、特乙2期転出。甲飛13期前期新規入隊。
    • 9月2日 甲飛13期後期入隊。
    • 12月1日 解隊。台中分遣隊は虎尾海軍航空隊に移管。

主力機種編集

歴代司令編集

  • 井上左馬二 大佐:1942年10月1日 - 1944年2月15日

第二高雄海軍航空隊編集

高雄空を補完するために開かれた初歩・中間練習航空隊。二代目高雄空以上に練習に特化した部隊で、当初より戦力外であった。

  • 昭和19年(1944年)8月15日 開隊。第十四連合航空隊に編入。
  • 昭和20年(1945年)2月15日解隊

主力機種編集

歴代司令編集

  • 不明

脚注編集

参考文献編集

  • 『日本海軍編制事典』(芙蓉書房出版 2003年)
  • 『航空隊戦史』(新人物往来社 2001年)
  • 『日本海軍航空史2』(時事通信社 1969年)
  • 『日本海軍航空史4』(時事通信社 1969年)
  • 『戦史叢書 海軍航空概史』(朝雲新聞社 1976年)
  • 『戦史叢書 中国方面海軍作戦2』(朝雲新聞社 1975年)
  • 『戦史叢書 比島・マレー方面海軍進攻作戦』(朝雲新聞社 1969年)
  • 『戦史叢書 中部太平洋方面海軍作戦2』(朝雲新聞社 1973年)
  • 『戦史叢書 南西方面海軍作戦 第二段作戦以降』(朝雲新聞社 1972年)
  • 『連合艦隊海空戦戦闘詳報別巻1』(アテネ書房 1996年)

関連項目編集