メインメニューを開く

高鴨神社(たかかもじんじゃ)は、奈良県御所市鴨神の金剛山東山麓にある神社式内社名神大社)。旧社格は県社。

高鴨神社
Takakamo-jinja, torii.jpg
境内鳥居(奥に拝殿)
所在地 奈良県御所市鴨神1110
位置 北緯34度24分29.5秒
東経135度42分27.4秒
座標: 北緯34度24分29.5秒 東経135度42分27.4秒
主祭神 阿遅志貴高日子根命
社格 式内社名神大4座)
県社
本殿の様式 三間社流造
別名 上鴨社
例祭 4月15日
地図
高鴨神社の位置(奈良県内)
高鴨神社
高鴨神社
テンプレートを表示

京都府京都市賀茂神社上賀茂神社下鴨神社)を始めとする全国のカモ(鴨・賀茂・加茂)神社の総本社と称する。葛木御歳神社(中鴨社)・鴨都波神社(下鴨社)に対して「上鴨社」と称される。

4月中旬から5月初旬にかけて500種2,200鉢以上の日本サクラソウが咲く。

祭神編集

阿遅志貴高日子根命(迦毛之大御神)を主祭神とし、下照比売命天稚彦命事代主命阿治須岐速雄命(主祭神の御子)を配祀する。

西神社には多紀理毘売命天御勝姫命(主祭神の后)、鹽冶彦命(主祭神の御子)、瀧津彦命(主祭神の御子)を祀る。

古くは阿治須岐高日子根命と下照比売命の二柱を祀っていたものが、後に神話の影響を受けて、下照比売命の夫とされた天稚彦命、母とされた多紀理毘売命が加えられたものとみられている。ただし、主祭神以外の祭神については異説が多い。『特選神名牒』では阿治須岐高彦根命と多紀理比売命としている。「主祭神以外の神は不詳」とする説もある。

由緒編集

当地は鴨氏一族の発祥の地であり、その氏神として祀られたものである。鴨氏はこの丘陵から奈良盆地に出て、葛城川の岸辺に移った一族が鴨都波神社を、東持田に移った一族が葛木御歳神社を祀った。後に、高鴨神社を上鴨社、御歳神社を中鴨社、鴨都波神社を下鴨社と呼ぶようになった。

延喜式神名帳では「高鴨阿治須岐託彦根命神社 四座」と記載され、名神大社に列し、月次・相嘗・新嘗の幣帛に預ると記されている。

施設編集

摂社編集

末社編集

八幡神社・一言主神社・猿田彦神社・金刀比羅神社・聖神社・稻荷神社・松尾神社・細井神社・大山神社・春日神社・雷社・市杵島神社・八坂神社・西佐味神社・祓戸神社・牛瀧神社・佐味護國神社

文化財編集

  • 奈良県指定有形文化財
    • 摂社東神社本殿

外部リンク編集