メインメニューを開く

高麗国祖は、高麗の太祖王建が即位の2年後、3代の祖先つまり王隆世祖に、王帝建懿祖に追封したが、国祖については議論がある。諡号元徳大王

高麗国祖
各種表記
ハングル 고려 국조
漢字 高麗国祖
2000年式
MR式

テンプレートを表示

康宝育説編集

編年通録朝鮮語版』と『高麗史節要』によると、国祖とは康宝育だという[1]。中国の陝西省京兆郡出身の康叔の次男の67代子孫[2][3][4]康虎景の息子が康忠であり、康忠は、伊帝健・宝甸・康宝育の3人の子を授かる。康宝育は姪の康徳州を娶り娘の康辰義をもうけ、その康辰義と中国人とのあいだに生まれたのが王帝建である[5]。王帝建の父の中国人は中国皇族[6]、『編年通録朝鮮語版』と『高麗史節要』では粛宗、『編年綱目』では宣宗である[7][8]。父の中国人が新羅に来た時に、康宝育の娘の康辰義との間に王帝建は生まれた[9]。王帝建は、父を探しに唐に行くため黄海を渡河していた途上、西海龍王の娘の龍女(後の元昌王后)と出会い、王帝建は、西海龍王の娘の龍女(後の元昌王后)の駙馬となる。『聖源録』によると、西海龍王の娘の龍女(後の元昌王后)というのは、中国平州出身の頭恩坫角干の娘のことである[10]。そして王帝建と西海龍王の娘の龍女(後の元昌王后)との間に息子の王隆が生まれる[11][12]。その王隆の息子が高麗の初代王王建である[13][14]

脚注編集

  1. ^ 斗山百科
  2. ^ 世界日報 2013
  3. ^ 韓国民族文化大百科事典
  4. ^ 성씨검색 강(康)-뿌리를 찾아서
  5. ^ 八幡和郎誤解だらけの韓国史の真実イースト・プレス、2015年4月10日、64頁。ISBN 978-4781650494
  6. ^ 高雲基 2001, p. 86
  7. ^ 韓国民族文化大百科事典 경강대왕
  8. ^ 高雲基 2001, p. 86
  9. ^ 高雲基 2001, p. 86
  10. ^ 韓国民族文化大百科事典 의조경강대왕
  11. ^ 高雲基 2001, p. 86
  12. ^ 韓国民族文化大百科事典 의조경강대왕
  13. ^ 世界日報 2013
  14. ^ 高雲基 2001, p. 86-87

参考文献編集