メインメニューを開く

鬼ママを殺せ』(Throw Momma from the Train) は、1987年に公開されたダニー・デヴィート監督、ビリー・クリスタル主演のブラックコメディ映画である。

鬼ママを殺せ
Throw Momma from the Train
監督 ダニー・デヴィート
脚本 ステュー・シルバー
製作 ラリー・ブレズナー
出演者 ビリー・クリスタル
ダニー・デヴィート
アン・ラムジー
音楽 デヴィッド・ニューマン
撮影 バリー・ソネンフェルド
編集 マイケル・ジャブロウ
配給 オライオン・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1987年12月11日
上映時間 88分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $14,000,000
興行収入 $57,915,972 (USA)
テンプレートを表示

概要編集

個性派俳優のダニー・デヴィートが、長編映画監督デビューを果たした記念すべき作品である[1]アルフレッド・ヒッチコック監督のサスペンス映画見知らぬ乗客』と上手くからめてストーリーを練っており、ブラック・コメディとして仕立て上げている。 出演にはデヴィート本人の他に『サタデー・ナイト・ライブ』で知られるビリー・クリスタルと、アドベンチャー映画グーニーズ』のフラテリ一家の母親役が印象的なアン・ラムジーを据えている[1]。また、カメオで映画監督ロブ・ライナーや人気TVホストのオプラ・ウィンフリーらも出演。撮影は『アダムス・ファミリー』の監督で知られるバリー・ソネンフェルドが担当している。なお、ラムジーは本作の演技が高く評価されて、1988年アカデミー助演女優賞に見事ノミネートされた。

あらすじ編集

小説家のラリー(ビリー・クリスタル)は、妻であるマーガレット(ケイト・マルグルー)に自身の大傑作の原稿を持ち逃げされてしまう。そのおかげで妻はベストセラー作家となり、悠々自適に豪邸で暮らすという始末。一方のラリーはと言うとそれ以来、何を書こうにもうまく行かず、作家活動も滞っていた。

妻に対する殺したいほどの憎しみを抑え、平静を装ってカルチャー・センターの講師として大人の生徒相手に教鞭を振るう平凡な毎日。そんな彼の元にある日、生徒の一人であるオーウェン(ダニー・デヴィート)が相談を持ちかける。オーウェンには人使いの荒い母親(アン・ラムジー)がおり、苦痛な毎日を送っていた。そんなオーウェンに、小説の参考としてヒッチコック監督の『見知らぬ乗客』を見るよう勧めるラリーだったのだが、それを勘違いしたオーウェンは、ラリーが交換殺人を提案したのだと思い込んでしまう。元凶である母親がいなくなると考えたオーウェンは、早速ラリーの原稿を持ち逃げした妻を殺そうとハワイへ向かう。

スタッフ・キャスト編集

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ a b Janet Maslin (1987年12月11日). “Throw Momma”. The New York Times. 2012年11月5日閲覧。

外部リンク編集