鬼丸義斎

日本の政治家、弁護士

鬼丸 義斎(鬼丸 義齋、おにまる ぎさい、1886年〈明治19年〉9月5日[1][2]1954年〈昭和29年〉11月13日)は、日本政治家衆議院議員(1期)、参議院議員(1期)。弁護士。「義」または「義」と表記される場合がある[3]

鬼丸義斎

概要編集

大分県に出生。愛知県巡査となり、やがて警部補にまで昇任したが、上司と衝突して辞職した。その後明治大学法科に入学。1919年に大学を首席で卒業した後は、弁護士事務所を開業した。1933年には名古屋弁護士会長に選出されている[4]。大森製陶所会長にもなった。

1928年第16回衆議院議員総選挙立憲民政党で愛知1区から出馬し、当選を果たして1期務めた。

戦後は1947年第1回参議院議員通常選挙全国区から出馬、当選。初代参議院懲罰委員長に就任。民主党では参議院議員会長、総裁代行委員、最高委員などの幹部役員を歴任。初代裁判官弾劾裁判所裁判長として弾劾裁判所規則に署名。サンフランシスコ講和全権委員代理や国民協同党と合同して結成した国民民主党でも最高委員、最高顧問などを歴任した。1954年11月13日、死去。68歳。死没日をもって勲三等瑞宝章追贈、正五位に叙される[5]

著述編集

脚注編集

  1. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』156頁。
  2. ^ 衆議院『第五十五回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1928年、15頁。
  3. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』276頁。
  4. ^ 『名古屋市公職者名鑑』33頁。
  5. ^ 『官報』第8366号291頁 昭和29年11月19日号

参考文献編集

  • 『名古屋市公職者名鑑』(1933、名古屋市公職者名鑑刊行会)
  • 『鬼丸義斎とはどんな人か』(1935、金吉菅生)NDLJP:1092581
  • 小松丘彦『政界第一線に立つ人々』「鬼丸義斎」、1936年。森田書房。NDLJP:1444603/17
  • 『昭和物故人名録』(1983、日外アソシエーツ)
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。

外部リンク編集

  ウィキソースには、鬼丸義斎に関する文献の原文があります。

議会
先代
新設
  参議院懲罰委員長
1947年 - 1948年
次代
太田敏兄