メインメニューを開く

鬼平犯科帳 劇場版』(おにへいはんかちょう げきじょうばん)は、1995年日本映画フジテレビ系列で放送された、二代目中村吉右衛門主演のテレビ時代劇『鬼平犯科帳』の映画化作品。松竹創業100周年記念作品にあたる。

鬼平犯科帳 劇場版
監督 小野田嘉幹
脚本 野上龍雄
製作 村上光一
櫻井洋三
出演者 二代目中村吉右衛門
音楽 津島利章
撮影 伊佐山巌
編集 園井弘一
製作会社 松竹
フジテレビジョン
配給 松竹
公開 1995年11月18日
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 4.5億円[1]
テンプレートを表示

あらすじ編集

「鬼平(鬼の平蔵)」の異名を持つ火付盗賊改方長官・長谷川平蔵(二代目中村吉右衛門)の前に「狐火の勇五郎」を名乗る盗賊が現れる。 その犯行は、押し入った屋敷の者を皆殺しにする残虐な手口だが、本来「狐火の勇五郎」は人を殺めたりはしない。 平蔵の密偵であるおまさ(梶芽衣子)はかつて恋仲にあった勇五郎(世良公則)と逢い、勇五郎の腹違いの弟・文吉(遠藤憲一)が勇五郎の名を騙っていることを知り、平蔵に報告するが…。

一方、勇五郎の一件の裏には、大阪の元締・白子の菊右衛門(藤田まこと)と江戸の盗賊の頭・荒神のお豊(岩下志麻)が絡んでいた。 そして、平蔵に恨みを抱いているお豊は平蔵の息子・辰蔵(東根作寿英)に目を付け…。

配役編集

スタッフ編集

テレビ放送編集

  • 『劇場版スペシャル』(1997年4月9日21:00 - 、フジテレビ)
  • 土曜プレミアム『劇場版 鬼平犯科帳』(2010年6月19日21:00 - 、フジテレビ[2]
  • プレシャスタイム『劇場版 鬼平犯科帳』(2013年1月11日18:00 - 、BS日テレ) - フジテレビが制作に携わった映画作品であるがBS日テレの2012年-2013年の年末年始の特別編成として「プレシャスタイム」枠に編成された[3]
  • BSフジ 日曜スペシャル『劇場版 鬼平犯科帳』(2018年4月15日21:00-22:54 - BSフジ)

脚注編集

  1. ^ 「1995年邦画作品配給収入」『キネマ旬報1996年平成8年)2月下旬号、キネマ旬報社、1996年、 161頁。
  2. ^ サガテレビテレビ宮崎は「2010 FIFAワールドカップ 日本VSオランダ」(テレビ朝日製作)放送のため、6月20日13:55 - 16:05に時差放送。
  3. ^ 年末年始番組紹介2012-2013”. BS日本(BS日テレ). 2012年12月28日閲覧。

外部リンク編集