メインメニューを開く

鬼風一男(おにかぜかずお、1899年6月21日-1927年5月24日[1])は、湊部屋出羽海部屋に所属した元力士。本名は宮本一男。兵庫県神戸市出身。身長165cm、体重105kg。最高位は西前頭7枚目(番付上の最高位は東前頭14枚目)。

目次

経歴編集

大坂相撲湊部屋(師匠は元横綱大木戸森右エ門)から初土俵を踏み、若ノ戸の四股名で新入幕。1913年1月に大関に昇進し、師匠の四股名だった大木戸に改名。その場所優勝し期待されたが、同年5月場所に起きた龍神事件の責任を取り廃業してしまった。その後上京し出羽海部屋に入門、1924年1月場所に鬼風の四股名で番付外前頭7枚目格付出で初土俵入幕。しかし好成績を上げられず、十両に陥落していた1927年5月に現役中のまま失意のうちに死去した。

戦績編集

幕内4場所11勝30敗2休

通算9場所27勝48敗2休

改名編集

若ノ戸→大木戸→鬼風 [2]

出典編集

  1. ^ 相撲人名鑑(鬼風一男)(アーカイブ)
  2. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709

関連項目編集