魔導ハッカー 暴け、魔法の脆弱性を

魔導ハッカー>>暴け、魔法の脆弱性を』(まどうハッカー あばけ、まほうのぜいじゃくせいを)は、LINE文庫エッジにて投稿されている鎌池和馬のライトノベル作品。イラスト担当はHIMA。担当編集は三木一馬、中島、山本、見寺[要出典]

魔導ハッカー>>暴け、魔法の脆弱性を
ジャンル 魔導ハッキングバトル
小説
著者 鎌池和馬
イラスト HIMA
出版社 KADOKAWA
レーベル LINE文庫エッジ
テンプレート - ノート

「チートでイリーガルな魔導ハッキングバトル」。LINE文庫エッジ創刊時のラインナップ作品として発表された。

あらすじ編集

神々しい輝きを放つ魔法世界。人々は魔族を圧倒し、鎖で繋いだ天空都市を青い空を抜けるほど高く飛ばし、その文明を謳歌させていた。ここは秩序で成り立ち、正確無比で、すべてが美しくあると信じられている世界。だがしかし、主人公アヤト=クリミナルトロフィーは他者の魔法へ侵入し、乗っ取り、奪い尽くす『専門職(テクニカルジョブ)』として、『お行儀の良い常識』を根底から覆すものを暴いてゆく。

登場人物編集

アヤト=クリミナルトロフィー
端正な顔立ちであり、本人曰はく「悪魔と契約した際に男の性を喰われた」と言える程に中性的な美貌の10代の少年。何かとクールを気取りたがる性分だが、性欲にはかなりオープンな振る舞いを見せる。一人称は「俺」であり、相手を君付けで呼ぶ。昼夜の概念が崩壊している生活を送っている。魔族を差別しない珍しい性格。
魔導剣をリンケージプラグ、水晶タロットをリンケージモニタとする魔導ハッカー。魔導剣は長さ0.5エスール程度であり、グリップのトリガーを引く事で刃だけを分離できる。柄には新しい刃が圧縮されており、即座に補充が可能。この機構により、対象とする魔導利器に次々と刃を刺して魔導ハックを行う際の外部アンテナを構築する。リンケージモニタとなる水晶タロットは、通常の魔導利器とは異なり霧状マナの配線から漏れた飛沫を拾う事で情報をやり取りできる例外品の無線機器であり、宙を舞って様々な図柄(アルカナ)を自動で描きマナの流れ(魔法の構造)を視覚化させる。アクセスした時点で犯罪行為であり、また回線も弱いため本格的な魔導ハックには使用できない。
かつては学園群塔に属す「六発目の悪魔(ヘキサジンクス)」と呼ばれる凄腕フォワードであり、あらゆる事件を6発以内に解決するマグナム系大型リボルバー式魔導銃使いだった。学園群塔におけるテレリアを人質に取った事件において、投降の準備を進めていた犯人であるテレリアの義理の兄を射殺してしまった事を酷く後悔しており、以来、魔導銃を封印し魔導ハッカーの道を歩んでいる。
テレリア=ネレイド=アクアマリン
学園群塔に属する、童顔小柄だが巨乳でウェーブがかった長い金髪の10代の少女。腰回りにはC字の拡張外装を装着している。魔族マーメイドである事を隠すために、ミミックオプションとして黒いタイツを穿く事で下半身を二本脚の人間形の肉体に変化させている。アヤトの言動に文句を言いつつも、信頼をかけるストレートな物言いには弱くすぐ顔を赤らめてしまう。
セカンダリ(水属性)魔法が得意。武器は黒塗りの二丁拳銃。グリップの3倍以上もある長さのマガジンに銃本体と一体化したサプレッサー、そしてダットサイトやレーザーサイトと、とにかくアクセサリーを何でも付けたがる雪だるまガンマン。射程を犠牲にしてでもサプレッサーを装着する事で、回復魔法を行使するための精密さの向上を図っている。攻撃の際は、フルオート連射で小粒な魔法を弾幕のように重ね掛けして敵方の反撃を許さずにノックバックさせ続け制圧する安全第一の構成。
マミリス=コスター
ダークエルフの褐色肌で長い銀髪の少女。背丈が高くスレンダーな体型であり、白く色抜きした革のベストやオアンツを身に纏う。腰回りには太い革のベルト式の拡張外装を浮遊させている。普段は尖った耳を宝石の耳飾りのミミックオプションで隠している。魔族としての迫害を避けるためにコスター家に匿われて育てられており、魔導利器の職人である祖母を慕うおばあちゃん子。
人身売買組織にフレイアード火彩城下の家を破壊された事で、一人で生きていく方法を学ぶためにフォワード見習いとしてアヤトを「こーち」と呼び同行する。ドラムマガジンを接続したフルオート式ショットガンを持ち、火のエレメントを得意とする。
ヘンリエッタ=スプリット=デストリウス
セレディレカ天空都市の治安を守る騎士団に属する、黄金色の髪を三つ編みポニーテールにした女性騎士。環境蹂躙因子《アスファルト》カラーの、民衆人気の高いデザイン重視な旧式鎧を纏う。騎士として戦場で死ねなかった父に代わって若き当主として家名を背負い、亡き父の本懐を全うしようとする誇り高い性格。階級は第4位の子爵にあたり、自らを「撃士」を名乗る。
魔導銃は、大口径のボルトアクションライフルに儀礼・演舞用の斧に似た銃剣を備え付け、肩当て部分を金属の折り畳み式に変えたカービン銃。自身の身体機能を強化する魔法を行使し、銃剣を得物として扱う近接戦を得意とする。先祖代々、魔導銃が普及する前からハルバードの使い手として武勲を上げてきた戦術の理想の体現者となるため、忸怩たる思いで魔導銃を携行し、銃への悪影響をも無視して斧型の銃剣を装着している。
ニアヴェルファニ
かつて『天球を貪り尽くす者(ゾディアックブライトイーター)』とも称された魔王。浮き沈みの激しい可能性の幅を持つ魔族のカリスマであり、かつては四天王を率いて魔族を支配していた。一千固め年以上前に勇者に肉体を切断され、セレディレカの土地に封印されていたが、近年にトーマス=ロベルギンが祠を発見し封印から脱した。切り落とされて肉体と共に祠に封印されていた自身の右の羽を拡張外装に作り替えて背中に接続している。赤い革衣装とタイトスカートを身に纏い鋭いヒールを履いた赤髪の女性。
体内の生体埋没式アンテナにアクセスする事で、衛星軌道上に浮遊する「魔導天砲ゾディアックブライトイーター」(レベル9999相当)の制御が可能。あまりの火力に、先端放電現象を生じさせる。
トーマス=ロベルギン
かつての勇者の血族の老人。セレディレカの祠に眠るニアヴェルファニを発見し、彼女の身を憂い封印を解く。これを知ったフォーチュリアナ聖教が魔王封印の真相を隠蔽するために、公開処刑の冤罪を立てて大罪人に仕立てあげられた。
ファニースナッチ
神隠し専門の魔導犯罪者。大型ボウガンをリンケージプラグとして扱う魔導ハッカー。集中維持のために干し肉を噛む癖がある。セレディレカ天空都市において、人身売買組織とリース契約を結んでいた。保険をかねて常にデュアルコアで行動している。
ミカ=アンゲロス
自身の肉体全てを生体宝石に置き換えた人型の魔導利器のプロトタイプ。王剣バタフライエフェクタの封を守る継承管理者であり、許可なき者が王剣に触れば即座に斬殺する防衛機能を有している。クラシックなメイド服を纏う紫色の髪をした妙齢の美女の姿であるが、紫色の蝶に変身しどこにでも現れる事ができる神出鬼没な存在。
ヨルベ=アルフォベリン
65歳の男性。セレディレカ天空都市の都市設計責任者。浮遊基礎理論から霧状マナの配線まで一通りを管轄する天才であり、都市インフラや『自由謁見の限度』などの防衛システムにも関与する重要人物。
シェイドリュース
セレディレカ天空都市の治安を守る騎士団に属する「兵士」階級の若い男性騎士。
アロンソ=ベルクーリ
シルフィーネ風彩城下の最下層トランクエリアに隠れ家を構える職人。ギルドに所属していない初老の男。ニアヴェルファニの依頼を受けて対竜ライフル銃「クリティカルディザスター」を作成した。
ダグレガ=ブル=ゲルロス
セレディレカ天空都市の治安を守る騎士団へと、魔導ハッカーから「騎士」階級へ成り上がった禿頭と髭面の筋骨隆々な男。ウォーピックをリンケージプラグ、水晶サイコロをリンケージモニタとして扱う。
リベルカ=ブラン=ゾルカ=トータリヌス
選抜王国統合王家第一王位継承者。身長1.7エスールの巨大なミノタウルス。筋骨隆々で赤茶けた肌であり、あまりの筋肉で鎧を纏えずに上裸で過ごしている。魔導銃ではなく二振りの古式魔導剣「ドミノ式終末誘発規模連鎖兵装バタフライエフェクタ」を有する。度重なる魔導実験の果てに天の罰を受け人間の姿を失ったと言われている。
ベルバス=ルイン=クランキー
フォーチュリアナ聖教の大神官。華美な法衣に純金装飾の杖を纏う。扱う魔導銃はバズーカ砲であり、着弾時に周囲のマナを強引に吸収した上でそのエネルギーで爆発膨張する。

用語編集

魔法
大気中から取り出した霧状のマナを高圧注入した薬莢を魔導銃に装填し、引き金を引く事で行使する大衆技術。魔法は完全無人では起動せず魔導銃のような人の手によるイグニッションが必要不可欠であり、行使者の脳の演算領域を無意識で使用する等、何かしらの人の干渉が必要となる。
かつては魔王が産み落としたものであり、人間は「魔導剣や古式杖で空間に複雑な陣を描き、古代語の呪文でマナの流れを整え、世界と人体を共振させて超常現象を起こす」といった手法を用いてきたが、現代の人間は前述の魔導銃ような「大気中のマナを細い金属線を進ませて細い配線を構築し宝石基盤へ流す」事で目的の用途を実行するオートメーションな技術体系を確立している。
魔導ハック
リンケージプラグと呼ばれるアンテナ機材とリンケージモニタと呼ばれるコントローラを用い、霧状マナの配線に干渉する事で魔導利器の制御を乗っ取る犯罪技術。
リンケージプラグは携帯性を重視されるケースが多く、各々の演算能力は高く設定されておらず「レベル1」から始まる事が多い。レベル1のリンケージプラグにより乗っ取った魔導利器の演算領域を共鳴させる事で演算領域を拡張し「レベル」を繰り上げていく事でより上位の都市インフラや軍事兵器の掌握が可能となる。
魔導ハックを主体とする魔導ハッカーは直接武力を持たないため、裏方として隠密行動を取る者が多い。
魔導利器
魔法によって動作する物品全般。現実世界でいう「機械」のイメージに近い物品。生活用品の魔導家具から武具として普及する魔導銃に至るまで、あらゆる種類のものが存在する。
魔導銃
弾頭部分は自壊鉛となっているため発射と共に消滅するが、その代わりに数字や文字を刻む事でマズルフラッシュが調整されており、こうした光を発射された霧状マナが撃ち抜く事で魔法が実行される。魔法の数は装弾数、射程は銃声の届く距離と直結する。弾丸は、鋼の円筒の内側に不純物を塗ってから激しく熱し、霧状のマナを封入して外側表面に薄い膜を張る事で製造される。不純物の内容によって薬莢が内包する光の色が変わるため、制作者の個性の顕われともなる。圧縮の適切なバランスを調整できないとマナが水滴化し、銃の暴発の原因となる。銃身を額に接触させる事で弾頭の自壊鉛に文字を刻む。口径は「弾頭の自壊鉛を大きくしてどれだけ文字を刻むか」「どれだけの容量の高圧霧状マナを一度に放つか」に寄与するため、様々な種類が存在する。
ミミックオプション
人間に近い姿の魔族が、人間の異なる器官を隠して人間形の肉体に擬態する事で人間社会に溶け込むために使用する魔導利器。
メディアサモナー
透明な球体のような魔導家具。霧状マナの配線と接続する事で、中身の液体と金属箔で音と光を作り出し、映像や音楽を出力する家具。
マナ
『触れずの霧』とも呼ばれる、魔法のエネルギー源。魔法の品が関わらない限り、あらゆる物質を透過する。大きな街では、この霧状マナを張り巡らした中継器によって細く長く蜘蛛の巣状に流れを整え、各家庭の魔導利器へ接続する事で様々な情報サービスが提供されている。本質は無線のようでありながら、有線のように点と点を結ぶ固定機器しか利用できないため、マナの利用に関しては過渡期の技術となっている。
マナは無色透明で指向性を持たないが、四方に散らばる超越生命「四天王」と同調する事で火・水・風・土の四属性のエレメントに染まり特性を獲得する。水は回復魔法に相性が良く、風は体調《ステータス》異常が得意。
単位
時間の単位は、束ね時刻み時。1束ね時で約75秒。
距離の単位は、エスール。1エスールで約1.25メートル。
年号は、固めという区分。
温度の単位は、エンバー。1エンバーでセ氏約1.1℃。
通貨の単位は、王侯金貨が1枚で約1万円、中央銀貨が1枚で約5000円、銅貨が1枚で約1000円。
速度の単位は、スクズ。1スクズで約時速1.7キロメートル。
セレディレカ天空都市
永住滞在人口約90万1000人、一時滞在人口約950万人という、選抜王国の中でも随一の都市国家。およそ40固め年前に、選抜王国の領土の一部を切り取る形で地上から1本の太い鎖を伸ばしながら少しずつ浮遊を開始した。いつの日か天を超える日を夢見て上昇を続ける全長10万エスールの巨大人工島の街。現在では空というよりも宇宙に近い高度であり、街を囲うようにした巨大な『庇護の傘』と呼ばれる大気シールドで人間の住める環境を保護している。あまりの高度ゆえに青空が眼下に広がり、昼夜を問わず頭上で輝く星空が名物となっている。外周となる四ブロックには火、水、風、土の四属性のエレメントの特性で彩られ(フレイアード火彩城下、アクーアリア水彩城下、シルフィーネ風彩城下、グラウヴィヴ土彩城下)、中央のブライティオ光彩王城には四属性エレメントを結集させた強固な壁『自由謁見の限度』で守られている。
上層大気の濃密なマナ流を回収してタンクへ高圧注入し、地上へ送り届ける事で静態大陸全体のエネルギー供給を賄う役目を負っている。天空都市の建設計画に尽力してきたセレディレカ地方王家が160名の騎士当主階級と共に半議会専制君主制で治世されており、比較的自由な気風ができて観光地として人気を博している。切り離された大地の霊的な脆弱性へ対処するため、フォーチュリアナ聖教が『神殿移しの儀』を正式に許可し国家単位で公的に保護する予定となっている。
セレディレカ行政警備には160名の騎士当主が在籍しているが、これだけでは治安・軍事を維持できないため一般警らとして兵士を雇い入れている。功績次第で騎士への昇格できるが、監獄の腕利きの魔導ハッカーにまで爵位を与えて一次釈放し任務によって罪を凍結処理する等、問題視される政策も進められている。現在では騎士と言えばホワイトハッカーの蔑称として語れるため、古参の騎士は自らを「撃士」と名乗るようになっている。
フレイアード火彩大陸
街全体が赤の色彩に照らし出された火のエレメントで彩られた城下町。街のあちこちに真空管にも似た水晶の巨大な塔「浸透高炉」が建っている。真っ赤に溶けた魔導銀が川を流れる工業特化区であり、行政が材料費を無償で提供する代わりに職人達が日用品から武具に至るまであらゆる魔導利器の製造を行っている。
シルフィーネ風彩大陸
石とガラスの高層建築が軒を連ねた城下町であり、2000~3000エスール近い高層ビルが並ぶため、街を縦横無尽に人工気流が走っており、これに乗って人や物資が移動する。
グラウヴィヴ土彩大陸
他の大陸の城下町に比べると個性が弱く、普通の街の外観。逆に、普通すぎるがゆえに客足も伸びている模様。王城に不備があった際の軍備と兵站の備蓄基地も存在する。
アクーアリア水彩大陸
一面の水面に大小無数の船がせめぎ合い形成された街。
フォーチュリアナ聖教
「世界に魔法の光を」をスローガンに掲げて光闇二元論を謳う宗教団体。魔法の普及で勢力を広げ、現在は世界的には3~4位の強い宗派。表向きは殺傷兵器には関与してないと公言しているが、生活用品という名目で魔導銃の研究開発にも寄与している。
選抜王国
地上の大陸を束ねている王の国。
トータリヌス静態大陸
世界に存在する四つの大陸の内の1つ。長き年月に曝されても唯一微動だに変化しない大陸。
動植物の分類
大陸に属する動植物は、人間を基準にして親和的生物忌避的生物に学術上は分類される。人間の生活に結び付く家畜などや犬や猫などの(現実世界にも存在する)動植物が親和的生物。一方で、ドラゴンやマーメイドなどの(ファンタジー由来の)生物は人の暮らしを積極的に脅かす存在とされ、忌避的生物、あるいは「魔族」とも呼ばれる。
魔族
魔王が統治していた人外種。人間とは異なり、デバイス無しの身一つで魔法の行使が可能。現代では魔王の消失と共に勢いを失い、人間側に迫害され狩りの対象となっている。
火王核ブラストヘッグ=プロメテ=ベルガーソン
四天王の一人。
職種
都市や国家が公金で運営している治安維持機関が『管理隊』や『騎士団』。一方で、第三者からの依頼と報酬で成立する個人職は様々あり、決まった拠点や人物を守る防衛職『バウンサー』、特定の獣や植物などの素材を採取する探索職『ランサック』、凶悪な事件の現場まで出向いて問題解決にあたる戦闘職『フォワード』、他者の魔法へ侵入し乗っ取る犯罪行為を得意とする専門職(テクニカルジョブ)『魔導ハッカー』などがある。
学園群塔
選抜王国統合王家が設立した施設。
聖泉水都リキッドフローラ
近年に急激にスラム街へと変貌した犯罪多発都市国家。原因は様々だが、「管理隊がお喋りで機密漏洩が多く、通報しても犯罪組織に筒抜けになる」という説が出回った事が主な要因となっている。

書誌情報編集

巻数 タイトル 初版発行日(発売日) ISBN
1 魔導ハッカー〉〉暴け、魔法の脆弱性を 2019年8月5日 ISBN 4908588767

原作未収録作品編集

書き下ろしSSつき4Pリーフレット
第1巻の購入特典。アニメイト限定がテレリアver.、ゲーマーズ限定がヘンリエッタver.。
書き下ろしSSブックカバー
第1巻の購入特典。メロンブックス限定であり、マミリスver.。

出典編集

外部リンク編集