メインメニューを開く

魯 会燦(ノ・フェチャン、1956年8月31日 - 2018年7月23日)は、大韓民国政治家である。第17代・19代国会議員。進歩新党代表(2009年3月~2010年10月)。統合進歩党共同スポークスマン(2011年12月~2012年5月)。進歩正義党準備委員会共同委員長(2012年10月7日~20日)。正義党共同代表(2012年10月21日~2013年7月20日)。2016年5月30日から正義党院内代表を務めた。

大韓民国の政治家
魯 会燦
노회찬
Roh Hoechan at Busan in 2017 - 3.JPG
2017年の魯会燦
生年月日 1956年8月31日
出生地 大韓民国慶尚南道釜山市水営洞(現・釜山広域市水営区水営洞) 
没年月日 (2018-07-23) 2018年7月23日(61歳没)
死没地 大韓民国ソウル特別市
出身校 高麗大学校
所属政党民主労働党→)
進歩新党→)
統合進歩党→)
(無所属→)
(進歩正義党→)
正義党   
配偶者 KimJi Sun
公式サイト 노회찬의 공감로그

選挙区 (比例代表→)
(ソウル市蘆原区丙選挙区→)
慶尚南道昌原市城山区選挙区
当選回数 3回

大韓民国の旗 進歩新党共同代表
在任期間 2008年3月16日 - 2009年3月28日

大韓民国の旗 進歩新党代表
在任期間 2009年3月29日 - 2010年10月14日

大韓民国の旗 進歩正義党共同代表
在任期間 2012年10月21日 -
テンプレートを表示
魯会燦
各種表記
ハングル 노회찬 
漢字 魯會燦
発音: ノ・フェチャン
テンプレートを表示

目次

経歴編集

労働運動へ編集

1956年8月31日、慶尚南道釜山市水営洞(現・釜山広域市水営区水営洞)に生まれる。釜山三育小学校朝鮮語版釜山中學校朝鮮語版を卒業し、高校進学に際し釜山を離れソウルに上京。京畿高校高麗大学校を卒業した。1973年維新体制に反対し、朴正熙打倒を訴える印刷物を制作し、配布しながら、民主化運動の道に入った。

1982年偽装就業をするために、ソウル青少年職業学校に入学して、溶接技術を学んだ。高麗大学校を卒業する年に、電気溶接技能者2級資格を取得し、電気工として就職した。この頃から、指名手配され、地下生活を開始した。1987年仁川地域民主労働者連盟(仁民労連)を創立して、1989年には隔週刊で「社会主義者」の編集委員を始めた。

拘束収監されたが、1992年に満期出所し、同年12月に行われた大統領選挙に立候補した白基玩朝鮮語版候補の選挙対策本部組織委員長として活動した。その後、進歩政党の結成に努力し、進歩政党推進委員会、進歩政治連合などで、代表を務めた。魯会燦のこのような努力の末に、多くの社会運動陣営が結成した進歩政党である国民勝利211997年に結成された。しかし、国民勝利21は、2000年民主労働党(略称:民労党)に発展的解消した。当時魯会燦は民主労働党代表に就任した。2002年の大統領選挙では権永吉候補の選挙運動をした。

政界入り編集

2004年、17代国会議員選挙の過程で、多数のテレビ討論に民主労働党側のパネリストとして出演した。余裕があり、核心を衝く弁舌で、民労党ブームを引き起こしたとの評価を受ける。民労党の比例代表候補として第17代国会議員選挙に出馬した。この選挙で民労党が躍進した結果、自由民主連合は政党得票率が3%未満の場合は比例区で議席が得られないとの規定から、10選に挑んだ自由民主連合の金鍾泌を下す形で国会議員に当選し、三金時代に幕を下ろした。

2007年の大統領選挙では、党内予備選に出馬し、権永吉(クォン・ヨンギル)、沈相(シム・サンジョン)に続く3位で脱落した。大統領選挙以後、魯会燦は沈相などと共に、親北路線の清算を含めた党内改革を主張したものの、結局2008年2月5日、改革要求に及ばないとして民労党を離党した(比例代表選出であったため離党と同時に国会議員を失職した)。以後、沈相など似たような傾向の離党者と共に、進歩新党を結成し、沈相と共同代表を務めた。

2008年4月、第18代国会議員総選挙では進歩新党候補としてソウル市蘆原区丙選挙区から出馬した。世論調査ではハンナラ党の洪政旭に先行し、選挙区での当選可能性が囁かれた。しかし、実際に開票してみると、40%しか得票しておらず、43%を得票した洪政旭に及ばなかった。とは言え、魯会燦陣営は進歩政党の候補としてソウルで相当な得票をした点から、進歩政党の可能性を示したとの評価がある。

進歩新党の代表として編集

2009年3月29日に行われた2次党大会で実施された党代表選挙に単独出馬(出馬を予定していた沈相は不出馬を表明)し、全党員を対象にした直接投票で投票率58.7%、97.9%の賛成を得て党代表に選出された[1][2]。党代表に選出された翌2010年6月に行われたソウル市長選挙に進歩新党候補として出馬したものの、現職の呉世勲(ハンナラ党)と野党統一候補の韓明淑民主党)の狭間で埋没し、敗北した(得票率3.26%)。選挙後、魯会燦の立候補によって韓明淑が僅差で落選したとして、彼と進歩新党に対して批判の声があがった[3][4]。その後、10月15日に行われた臨時党大会で第三期党代表に趙承洙が選出されたことを受けて党代表を退いた[5]

進歩統合と統合進歩党結成編集

2012年に行われる国会議員選挙と大統領選挙における進歩主義陣営が勝利を目指して、かつて袂を分かった民労党との再統合の議論が進められたが、9月4日に行われた進歩新党の党大会において合党案が否決されたことで挫折した[6]。これに対してあくまで統合を推進する立場を崩さない魯会燦は、沈相奵とともに「大衆的な統合進歩政党を建設するため」として9月23日に離党を表明したが、背景には25日に行われる予定の民労党党大会を前に進歩統合の主役として自分たちの存在と立場を示す必要があったと見られている[7]

12月5日、魯会燦と沈相奵など進歩新党脱党派による新しい進歩統合連帯と民労党、国民参与党の3党派が公式統合して「統合進歩党」が発足すると、沈相奵は共同党代表に魯会燦は共同スポークスマンに選任された[8][9]。2012年4月の第19代国会議員総選挙では前回出馬したソウル特別市蘆原区丙選挙区から野党統一候補として出馬、セヌリ党候補を抑えて当選し返り咲きを果たした[10]

統合進歩党離党と新党「進歩正義党」結成編集

選挙後、統合進歩党内では比例代表候補の予備選における不正事件が発覚したことをきっかけに党内抗争が発生した。魯会燦はシム・サンジョンや姜基甲などと党内刷新を求めるグループ(非党権派)の一員として、党内改革に乗り出した。しかし不正選挙を主導した党権派の妨害で党内改革が頓挫したことで、統合進歩党から離党し新たな進歩政党に参加することを9月13日に表明した[11]。9月16日、新党を結成するための組織である「新進歩政党推進会議」(進歩党脱党派の集まりである「進歩政治革新の会」が改編する形で発足)の共同代表に推戴された[12]。10月7日、推進会議による新たな新党である進歩正義党の創党準備委員会が発足し、魯会燦は共同委員長に就任[13]。同月21日に正式発足した進歩正義党の共同代表に就任した。2013年2月14日、後述の安全企画部Xファイル事件(サムスンXファイル事件)で有罪判決を受け、国会議員を失職。2013年7月21日に進歩正義党から党名変更した正義党では代表を退いた。

2014年2月、6月統一地方選挙におけるソウル市長選への出馬説について「人間的道理が無い」としてこれを一蹴。その上で「朴元淳がもう一度当選することが新しい政治ではないか」として、12年大統領選挙の序盤選挙において台風の目となった安哲秀が結成を進めている新政治連合に対し、朴元淳の再選に向けて連帯に乗り出すべきとの意思も示した[14]。統一地方選直後の7月30日に行われる国会議員再補選の一つであるソウル市銅雀区乙選挙区(鄭夢準がソウル市長選出馬のため議員辞職した事に因る)に正義党候補として出馬[15]、候補者が辞退[16]した新政治民主連合の支援も受けたが、セヌリ党の羅卿瑗(ナ・ギョンウォン)に僅差で敗北した[17]

2016年4月に行われた第20代国会議員総選挙では慶尚南道昌原市城山区選挙区に正義党公認候補として立候補し、共に民主党の支援も得て(共に民主党の前代表の文在寅も魯会燦の応援演説に立った。)、セヌリ党の現職議員・姜起潤朝鮮語版を破って通算3度の当選を果たし、国会議員に返り咲いた。2016年5月30日から正義党院内代表を務めた。

死去編集

2018年7月23日、ソウル市内のマンションから飛び降りて死亡した[18]。自筆の遺書に「2016年3月、二度にわたって経済的共進化会(経共会)から合わせて4千万ウォン(約400万円)を受け取った」「多くの会員たちの自発的な募金であったため、当然正常な後援の手続きを踏まなければならなかった。しかし、そうしなかった。自分を恨むしかない。本当に愚かな選択であり、恥ずべき判断だった」「責任を取らなければならない」「大きな過ちを犯した。責任が重い。法定刑でも党の懲戒でも足りない」「私はここで止まるが、党は堂々と前進してほしい」「何よりも苦労してここまで来た党の将来に迷惑をかけた」「すべては私の過ちだ。私を罰し、正義党は応援し続けてほしい」と記されていた[19]。死亡する前に残した最後のメッセージは「12年間闘争してきたKTX乗務員労働者たちの復職にお祝いの言葉を伝えたい」というものだった[20]

文在寅大統領は、「本当に胸が痛くて悲痛なその思いです。魯会燦議員とは同じ党に所属したことはありませんでしたが、同じ時代に政治をしながら、私たちの韓国社会をより進歩的な社会にするために一緒に努力してきました。私たちの韓国の進歩政治を率い、私たちの政治の幅を広げるために大きな貢献をしてきと思います。また、非常に寂しい私たちの政界でも言葉の品格を高めるような面でも多くの役割をしました。魯会燦議員の死に深く哀悼します。遺族と正義党にお悔やみ申し上げたいと思います。」と述べた[21][22]

右派政党の自由韓国党も、「進歩政治の象徴として、庶民と労働者のための議院活動に模範を示し、政治改革にも先頭に立ってきました。急所を突く発言で国民から愛された故魯会燦議員の死去は韓国政治の悲劇です」との論評を発表した[19]

23日と24日の2日間で8千人の弔問客が葬儀場を訪れた。大学生、子どもの手を引いた家族、作業服を着た会社員などさまざまな市民が訪れ、弔問客らは「庶民の立場で共感できる言葉をたくさん言ってくれた。そんなふうに言える人は(政治家の中で)多くないと思う」「サムスンと闘っていた姿、その堂々とした姿が格好よかった」「不条理な社会で健康な政治家が先に逝かなければならない現実が悔しい」などと語り、「庶民の立場で発言してくれた政治家」「弱者のために強者の前で堂々としていた国会議員」だった魯会燦の死を悼んだという[23]

民主平和党朴智元議員は、「魯会燦議員の葬儀場に行って弔問の列に40分並んで感じました。魯会燦は死んでも生きている。(逆に)朴槿恵李明博は生きているが死んでいる。」と述べた[24]

安全企画部Xファイル事件(サムスンXファイル事件)編集

2005年8月、国会法制司法委員会において「安全企画部Xファイル」(1997年大統領選挙を前に韓国最大の財閥である三星グループが政界工作のため主な大統領候補者や政治家、検察幹部に賄賂を渡すための謀議と実行する過程を国家情報院の前身である国家安全企画部盗聴した録音記録を称する)関連報道資料として、三星(サムスン)グループから餅代(賄賂)を受け取った前・現職検事7名の実名を公開、インターネットにも掲載した。

これに対し検察は、通信秘密保護法違反容疑で民労党議員(当時)であった魯会燦を2007年5月に在宅起訴した。2009年2月に行われた第一審では懲役6カ月・執行猶予1年・資格停止1年を宣告された。2009年12月4日の控訴審では検察が主張する録音が虚偽であるとする主張を否定し、無罪判決を言い渡した[25]。しかし、2013年2月14日の大法院(最高裁)再上告審で2審判決を破棄して一審の有罪判決が確定、これにより議員職を失うことになった。判決確定直後の記者会見で「報道機関に報道資料を配布すれば免責特権が適用され、インターネットで一般国民に公開すれば議員職剥奪だ という時代錯誤的な詭弁で、果たして大法院は誰の利益を保護しているのか」として大法院を批判した[26]

脚注編集

  1. ^ 進歩新党ノ・フェチャン単独代表で新出発レイバーネット2009年3月29日付
  2. ^ 原文(チャヌセサン)
  3. ^ 誰が進歩新党と魯会燦に石を投げるのか?。レイバーネット2010年6月3日付
  4. ^ 原文。2010年6月3日付民衆言論チャヌセサン
  5. ^ 제3기 당대표단 선거 결과 당선자 공고(第三期党代表団選挙結果公告)-進歩新党ホームページ
  6. ^ 민노당-진보신당 통합 끝내 무산(民労党-進歩新党統合ついに霧散).ハンギョレ2011年9月4日付
  7. ^ 노회찬·심상정, 진보신당 탈당 “진보대통합 불씨 되살리겠다”(魯会燦・沈相奵、進歩新党脱党“進歩大統合の火種蘇らせる”).ハンギョレ2011年9月23日
  8. ^ “進歩政党、敵だった国民参与党と一つの仲間に”. レイバーネット. (2011年12月5日). http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2011/1323107958669Staff 2011年12月9日閲覧。 
  9. ^ “노회찬, 통합진보당 대변인에(魯会燦、統合進歩党共同スポークスマンに)”. 韓国日報. (2011年12月9日). http://news.hankooki.com/lpage/politics/201112/h2011120920325721000.htm 2011年12月9日閲覧。 
  10. ^ “ノ・フェチャン、シムサンジョン、4年ぶりに国会再入城”. レイバーネット(原文チャムセサン). (2012年4月12日). http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2012/1334204090940Staff 2012年4月21日閲覧。 
  11. ^ “심상정 노회찬 강동원 진보당 탈당(シム・サンジョン 魯会燦 カン・ドンウォン 進歩党脱党)”. 朝鮮日報(本国版). (2012年9月13日). http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2012/09/13/2012091301104.html 2012年9月13日閲覧。 
  12. ^ “革新の会、新しい進歩政党推進会議に”. レイバーネット(原文チャムセサン). (2012年9月16日). http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2012/1347807478630Staff 2012年9月30日閲覧。 
  13. ^ 진보정의당 창당추진위 결성 등 관련(進歩正義党創党推進委結成など関連)”. 進歩正義党準備委員会 (2012年10月7日). 2012年10月15日閲覧。
  14. ^ “ノ・フェチャン「ソウル市長選 出馬、人間の道理でない」”. ハンギョレ. (2014年2月20日). http://japan.hani.co.kr/arti/politics/16753.html 2014年2月20日閲覧。 
  15. ^ “魯会燦・銅雀乙、千皓宣・水原丁…「正義党、進歩代表政党に」”. レイバーネット(原文チャムセサン). (2014年7月7日). http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2014/1404791399112Staff 2014年7月12日閲覧。 
  16. ^ “奇東旻「セヌリ党審判ために魯会燦に譲歩」”. レイバーネット(原文チャムセサン). (2014年7月24日). http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2014/1406223578494Staff 2014年8月2日閲覧。 
  17. ^ “韓国:韓国補欠選挙で野党圏大敗…野党圏連帯、進歩政治再編の議論加速か”. レイバーネット. (2014年7月31日). http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2014/1406753476696Staff 2014年8月2日閲覧。 
  18. ^ “正義党のノ・フェチャン議員投身自殺…総選挙直前の政治資金が悲劇のくびきに”. ハンギョレ. (2018年7月23日). http://japan.hani.co.kr/arti/politics/31187.html 2018年7月25日閲覧。 
  19. ^ a b “進歩政治、アイコンを失う”. ハンギョレ. (2018年7月24日). http://japan.hani.co.kr/arti/politics/31190.html 2018年7月25日閲覧。 
  20. ^ “社説「進歩政治の象徴」ノ・フェチャン議員の死の前で”. ハンギョレ. (2018年7月24日). http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/31191.html 2018年7月25日閲覧。 
  21. ^ “문 대통령 “정치의 품격 높여온 노회찬…정말 가슴 아프다”(文大統領「政治の品格高めてきた魯会燦…本当に胸が痛い」)”. ハンギョレ. (2018年7月23日). http://www.hani.co.kr/arti/politics/bluehouse/854473.html 2018年7月29日閲覧。 
  22. ^ ““아름다운 사람들의 시대는 갔는가”…내 기억 속의 노회찬(美しい人々の時代は去った…私の記憶の中の魯会燦)”. 京郷新聞. (2018年7月23日). http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201807231600021 2018年7月29日閲覧。 
  23. ^ “ノ・フェチャン議員の葬儀に連日数千人…この弔問の列が意味するものは”. ハンギョレ. (2018年7月25日). http://japan.hani.co.kr/arti/politics/31204.html 2018年7月25日閲覧。 
  24. ^ “박지원 의원 "북, 동창리 발사장 해체… 미국의 보상은? & 회고하는 故 노회찬 의원"(朴智元議員「北、東倉里発射場を解体 米国の保証は? &回顧する故魯会燦議員」)”. tbs(韓国). (2018年7月26日). http://tbs.seoul.kr/news/newsView.do?idx_800=2311913&typ_800=9&seq_800=10292546&channelCode=CH_N 2018年7月29日閲覧。 
  25. ^ “노회찬 진보신당 대표, 2심 무죄판결(魯会燦進歩新党代表、2審無罪判決)”. 시티저널(シティジャーナル). (2009年2月4日). http://www.gocj.net/news/articleView.html?idxno=23840 2013年2月16日閲覧。 
  26. ^ “韓国:安全企画部Xファイル、魯会燦議員職を喪失”. レイバーネット(原文チャムセサン). (2013年2月14日). http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2013/1360861365804Staff 2013年2月16日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集