鮫島良太

日本の騎手

鮫島 良太(さめしま りょうた、1987年2月4日 - )は日本中央競馬会 (JRA) ・栗東トレーニングセンターに所属する騎手。父は佐賀競馬場所属の鮫島克也[4]

鮫島良太[1][2]
Ryota-Samejima20101114.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県
生年月日 (1987-02-04) 1987年2月4日(34歳)
身長 170cm
体重 52kg
血液型 B型
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 栗東・松田国英 (2005.3.1 - 2008.4.30)
栗東・フリー(2008.5.1 -)[3]
初免許年 2005年
免許区分 平地・障害
テンプレートを表示

来歴編集

2005年競馬学校騎手課程21期生[5]栗東松田国英厩舎所属騎手としてデビュー。3月5日中京4Rにて初騎乗を迎え16頭立て5着。同年6月4日の中京12Rケイウンバクシンで初勝利を挙げる[2]

7月の小倉にて父克也が1着、良太が2着に入り、JRA史上初の親子騎手による1・2フィニッシュを記録[6]。 この年は16勝を挙げ、関西所属新人騎手に贈られる中央競馬関西放送記者クラブ賞を受賞。[7]

2006年は飛躍の年となる。小倉2歳ステークスアストンマーチャンに騎乗して重賞初制覇。さらに11月12日にはエリザベス女王杯ライラプスにて初のGI騎乗を果たす。この年は60勝を挙げ、関西リーディングトップ10入りを果たすなど活躍をした。

2007年3月塚田祥雄と共に見習騎手新人戦全日本新人王争覇戦に選出(結果は12人中11位) [8][9]。 4月には通算100勝を達成し[10]、内規である3年を待たずに見習騎手を卒業。

2008年5月1日付でフリーとなる。10月12日の第43回京都大賞典トーホウアランに約1年半ぶりの重賞勝ちをもたらした。

2015年3月1日に弟・鮫島克駿がJRA競馬学校を卒業[11]。同年3月1日の小倉競馬第6競走で兄弟が同じレースに騎乗し、15番人気で17着の弟に対し兄が5番人気の馬で1着と先着した[12]。 8月にはJRA史上初となる克也(14着)・良太(6着)・克駿(12着)親子3人同一レース騎乗が実現している[4]

2020年11月21日、阪神10R瀬戸内海特別をトウケイミラで勝利し、JRA通算300勝を達成した。

騎乗成績編集

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 2005年3月5日 1回中京1日4R 3歳未勝利 ダイタクドルチェ 16頭 9 5着
初勝利 2005年6月4日 2回中京5日12R 4歳上500万円下 ケイウンバクシン 18頭 4 1着
重賞初騎乗 2005年10月2日 4回阪神8日11R シリウスステークス マルカフレンチ 14頭 6 9着
重賞初勝利 2006年9月3日 3回小倉8日10R 小倉2歳ステークス アストンマーチャン 14頭 3 1着
GI初騎乗 2006年11月12日 6回京都4日11R エリザベス女王杯 ライラプス 16頭 14 15着
年度 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率
2005年 16 27 18 290 .055 .148 .210
2006年 60 50 42 728 .082 .151 .209
2007年 42 52 42 632 .066 .149 .215
2008年 36 42 46 565 .064 .138 .219
2009年 22 25 33 459 .048 .102 .174
2010年 24 17 21 371 .065 .111 .167
2011年 10 16 12 262 .038 .099 .145
2012年 20 14 20 367 .054 .093 .147
2013年 12 20 21 410 .029 .078 .129
2014年 5 7 9 292 .017 .041 .072
2015年 8 4 15 267 .030 .045 .101
2016年 9 9 12 236 .038 .076 .127
2017年 11 16 13 276 .040 .098 .145
2018年 8 9 12 272 .029 .063 .107
2019年 10 11 6 211 .047 .100 .128
中央 298 319 322 5638 .053 .109 .167
地方 6 8 13 75 .080 .107 .324

おもな騎乗馬編集

  • 出典 netkeiba.com[14]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ テンプレ内記述、特に記載無き物は全てJRA騎手名鑑を出典とする
  2. ^ a b c JRA騎手名鑑 鮫島良太”. JRA. 2020年8月7日閲覧。
  3. ^ 鮫島騎手、フリーに”. ラジオNIKKEI (2008年5月1日). 2020年8月8日閲覧。
  4. ^ a b 鮫島父子3人初対決 父が望んだ夢舞台/ひまわり賞”. 極ウマ・プレミアム. 2015年12月29日閲覧。
  5. ^ 騎手課程卒業者名簿”. JRA. 2020年8月7日閲覧。
  6. ^ 鮫島親子 1・2フィニッシュ”. ラジオNIKKEI (2008年2月22日). 2020年5月20日閲覧。
  7. ^ 中央競馬関西放送記者クラブ賞(関西所属新人敢闘賞)に鮫島騎手”. ラジオNIKKEI (2005年12月26日). 2020年8月8日閲覧。
  8. ^ 全日本新人王争覇戦(高知)に塚田祥雄、鮫島良太の2騎手が出場”. ラジオNIKKEI (2007年3月5日). 2020年8月7日閲覧。
  9. ^ 第21回 全日本新人王争覇戦結果”. NAR公式 (2007年3月21日). 2020年8月7日閲覧。
  10. ^ 鮫島良太騎手 JRA通算100勝達成!”. ラジオNIKKEI (2007年4月29日). 2020年8月7日閲覧。
  11. ^ JRA競馬学校31期生卒業式 鮫島克駿、父を兄を追いかける - スポニチアネックス(2015年2月4日)、2015年11月24日閲覧
  12. ^ 競走成績(2015年3月1日、小倉6R) - スポーツナビ、2015年11月24日閲覧
  13. ^ 鮫島良太 重賞出走レース”. netkeiba. 2020年8月7日閲覧。
  14. ^ 鮫島良太 重賞勝利レース”. netkeiba. 2020年8月7日閲覧。