メインメニューを開く

鮮于 世栄(せんう せいえい、生年不詳 - 577年)は、中国東魏北斉軍人本貫漁陽郡

経歴編集

懐朔鎮将の鮮于宝業の子として生まれた。540年高歓の下で副都督となった。平西将軍に転じ、石門県子の爵位を受けた。北斉が建国されると、文宣帝の下で柔然稽胡を討った。555年高岳の下で郢州を平定し、持節・河州刺史に任じられ、朝歌県を食邑とした。まもなく丞相府諮議参軍となった。560年、儀同三司・武衛将軍の位を受けた。566年、開府儀同三司の位を加えられ、鄭州刺史に転じた。武平年間、信州の乱を平定して、領軍将軍となり、食邑を上党郡に移された。高思好の乱の平定に従い、義陽王に封じられた。

576年後主晋陽に幸すると、世栄は本官のまま尚書右僕射の事務を執り行い、北平王高貞を補佐して北宮留後をつとめた。後主が平陽を包囲すると、世栄は領軍将軍の号を受けた。577年北周の軍がに侵攻してくると、世栄は領軍大将軍・太子太傅に任じられて、城西で抗戦したが、敗れて捕らえられた。屈服しなかったため、北周の武帝により殺された。

子に鮮于子貞があり、武平末年に仮儀同三司となった。

伝記資料編集