メインメニューを開く

鯖石川(さばいしがわ)は、新潟県十日町市(旧松代町)から柏崎市にかけてを流れる河川二級水系・鯖石川水系を構成しており、水系全体の流域には刈羽村上越市大島区も含まれる[1]

鯖石川
種別 二級河川
延長 48.1[1] km
平均の流量 -- m³/s
流域面積 277.0[1] km²
水源 東頸城丘陵
河口・合流先 日本海
流域 新潟県中越地方
テンプレートを表示

概要編集

十日町市(旧松代町)蒲生の東頸城丘陵を源とし、旧高柳町域を縦貫したのち、柏崎中心部の北側で日本海に注ぐ[1]

上流域は山岳地帯、中流域は随所に河岸段丘が見られる地帯となっており、下流域では刈羽平野が広がる[2]

歴史編集

主な支流編集

上流側から順に以下の通り。

河川施設編集

並行する交通編集

脚注編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 鯖石川水系河川整備計画 pp.1-3 - 新潟県土木部河川管理課.2019年4月15日閲覧。
  2. ^ 鯖石川ダムの概要 - 新潟県柏崎地域振興局地域整備部.2019年4月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集