メインメニューを開く

鯰江町(なまずえちょう)は、大阪府東成郡にあった。現在の大阪市城東区の一部にあたる。

なまずえちょう
鯰江町
廃止日 1925年4月1日
廃止理由 編入合併
西成郡・東成郡計17町27村→大阪市
(大阪市第二次市域拡張)
現在の自治体 大阪市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 大阪府
東成郡
総人口 15,999
国勢調査1920年
隣接自治体 大阪市北区
東成郡榎並町古市村榎本村城東村
鯰江町役場
所在地 大阪府東成郡鯰江町大字今福
 表示 ウィキプロジェクト

なお、前身となる鯰江村の当初の範囲は、現在の大阪市都島区の一部を含んでいた。

地理編集

歴史編集

  • 1704年宝永元年) - 東成郡新喜多新田、布屋新田が開発される。
  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行により、東成郡今福村、蒲生村、新喜多新田、布屋新田が合併して鯰江村が発足。大字今福に村役場を設置。
  • 1897年(明治30年)4月1日 - 大阪市第一次市域拡張により、大字蒲生、新喜多新田のそれぞれ城東線(現・大阪環状線)以西が大阪市に編入され、北区鯰江大字蒲生、新喜多新田となる。同時に東成郡野田村の一部を編入し、今福、蒲生、新喜多新田、布屋新田、野田の5大字となる。
  • 1900年(明治33年) - 北区鯰江大字蒲生、新喜多新田が新喜多町に改称。
  • 1910年(明治43年)9月1日 - 町制を施行して、東成郡鯰江町となる。同時に大字野田を蒲生に編入し、新喜多新田、布屋新田を新喜多、布屋に改称。
  • 1925年大正14年)4月1日 - 大阪市第二次市域拡張により、東成郡鯰江町の全域が大阪市に編入され、東成区今福町、蒲生町、新喜多町、布屋町となる。
  • 1932年昭和7年)10月1日 - 分区により、東成区から旭区に転属。
  • 1943年(昭和18年)4月1日 - 分区により、旭区から城東区に転属。同時に北区新喜多町は北区から都島区に転属。

交通編集

鉄道路線編集

現在は上記の他に大阪市営地下鉄蒲生四丁目駅今福鶴見駅が所在するが、当時は未開業。なお、蒲生駅は移転の上、京橋駅に改称されている。

参考文献編集

関連項目編集