鰊の昆布巻き

鰊の昆布巻き(にしんのこぶまき・こんぶまき)は、身欠きニシンを利用し、甘辛く炊いた昆布巻き日本料理郷土料理の一つである。一般的な昆布巻きの姿でもある。

概要編集

保存食であった身欠きニシンを使用した、調理法の一つである。水、又は、米のとぎ汁(生臭い消しのため)に一晩漬けて戻した身欠きニシンを芯にして、水で戻した昆布を巻き、かんぴょうで結んだあと、一般的な昆布巻きの要領で砂糖・醤油・酒などで味付けをし、煮詰めたものである。

関連項目編集