メインメニューを開く

鰻の幇間(うなぎのたいこ)は、古典落語の演目の一つ。作者不詳の、いわゆる「間抜け落ち」の落とし話。主に東京で広く演じられる。

概要編集

幇間、またはたいこ持ちとは、酒席や遊興の場で顧客に同席し、口先や即席芸でお座敷を盛り上げ、客を楽しませ、ご祝儀や飲食費をもらって生活する職業である。幇間は置き屋に所属する者と、自分の人脈で顧客を掴まなくてはならない全くの私営業者があり、後者を「野だいこ」と称した。本編は野だいこのひとりの失敗談を通じ、聴衆の笑いを誘いながら、顧客に媚びへつらわなくてはならない幇間の悲哀を描いている。

明治中期ごろに東京の初代柳家小せんが得意にし、昭和期には8代目桂文楽5代目古今亭志ん生8代目三笑亭可楽5代目(自称3代目)春風亭柳好6代目三遊亭圓生などの持ちネタとして知られた。とりわけ8代目文楽の口演は十八番と評された。また「文楽は悲喜劇として演じ、志ん生は喜劇として演じている」と評された。元幇間の柳好は「自然体でもっとも幇間に近い」と評された(興津要『古典落語』)。

上方では、近年、桂春之輔が改作し演じている。

あらすじ編集

明治の中ごろ、真夏のかんかん照りの中、野ダイコの一八(いっぱち)は昼食にありつこうと客をたずね回るが、夏の昼間は座敷の客入りが少ないため、うまくいかない。通りへ出た一八は、むこうから来る浴衣を着た男の姿を認める。一八は彼が誰だか思い出せないのであるが、見たような気もする曖昧な記憶を頼りに、昼飯でもおごらせようとばかり「旦那!しぱらくぶりです、その節は……」と言いよる。男が一八を覚えていると言うので、一八は彼を顧客のひとりと思いこむ。

男は「へ行こうとしたんだが、せっかくだからウナギでも食っていこうか」と誘う。喜んでついていく一八だが、連れて行かれたのは路地裏のうすぎたないウナギ屋であった。

二階座敷で蒲焼を肴に酒を飲みながら、一八は男がどこの誰だったか思い出そうとして、うなぎ屋を持ち上げる見え透いたお世辞の合間に「ぜひそのうちにお宅へ」などと探りを入れるが、男はのらくらとはぐらかす。客のことを忘れることは無礼になるため、一八もはっきり聞くことができない。うな重を食べおわってから、男は便所へ行くと言って席を立ったきり戻って来ない。気になった一八が便所をのぞくと誰もいない。一八は「あっしに気をつかわせないように、先に勘定を済ませて帰ったのか、なんて粋な旦那だ」とひとり合点する。

座敷に戻って残ったうなぎを平らげていると、店員が「お勘定をお願いします」と二階にやって来る。「えっ、勘定済んでないの?」と驚く一八に、店員は「お連れさんが、自分は羽織を着た旦那のお供だから、勘定は旦那からもらってと言って、先にお帰りになりました」と説明。騙されて、飲み食いの支払いを押しつけられたことに気がついた一八は居直り、前に男にしゃべったお世辞と裏腹に、店が汚い、蒲焼に添えられた漬物がまずいなど、鬱憤を店員に言いたい放題しながらうなぎを平らげ、泣く泣く金を支払うことにする。しかし勘定が2人前にしては高額なので一八がただすと、店員は「お連れさんがお土産を6人前包んで持って帰りました」と言う。あきれ返るが、あきらめて払った一八が帰ろうとすると、かなり上等の自分の下駄がない。店員に聞くと、「へい、あれでしたら、お連れさんが履いていかれました」

バリエーション編集

  • ラストのやり取りを追加し、男の履物を手に入れることを思いついた一八が「じゃあ、あいつが履いてきたのを出してくれ」と言い、店員が「それも風呂敷に包んで持って行きました」と答える、という演じ方がある(5代目志ん生など)。
  • 「一八をだました男は一体誰だったのか」ということが時に問題にされる。